2011年1月15日土曜日

北国のにゃんこ

ここに越してきて分かったのは、雪の中でも、氷点下でも、外を歩いている猫がいることです。
さすがに夜は、どこかの家や建物の中にいるようですが。

この白黒猫は、12月上旬、それまであまり歩かなかった道で初めて会い、最近家が分かりました。

12月下旬に初めて見かけた黒猫も、この家に一緒にいることが分かりました。


黒猫は非常に懐っこくて、近寄り過ぎるので写真に収めることができませんでした。

いったい、氷点下何度くらいまで大丈夫なのでしょうか。

モンゴルはこちらより冬の気温が低い(-20度~-30度)のですが、一般的に猫を嫌う人が多いので、猫を見かけることはほとんどありませんでした。

だから、家の近所で見かける猫たちが、今のところ自分が見た、一番寒いところで外歩きしている猫になります。

12月に初めてあったとき(白黒猫)
最初に会ったときは
待ち伏せされていました(黒猫)

0 件のコメント:

コメントを投稿