2018年8月30日木曜日

2階建て段ボールハウスにて

寝起きの図。

新しい段ボールが来ると、1階に少しの間置いたままにして、
ネコの反応を見ます。

1個ずつ置いておいたときは、さほど反応はありませんでしたが、
2階の廊下に重ねたところ、入るようになりました。

PC机がよく見える位置にあります。
視線を感じながら仕事をしていることも。

2018年6月25日月曜日

玄関にできたトックリ型のオブジェ

立派なハチの巣。

昨日、訪ねてきた友人家族により発見されました。

その前日、玄関を出たところにいた瀕死状態のスズメバチは、この巣の関係者なのか!?


友人夫妻が梯子をかけて様子を見てくれようとしたところで、ハチが戻ってきたので中止。休み明けに駆除を依頼することに。

巣の形、戻ってきたハチの姿を頼りにネットで調べた感じだと、コガタスズメバチと思われる。

本日役場に電話したら、すぐに業者がきてくれて、留守中に駆除してくれました。2年前に駆除を依頼した感じだと、翌日以降になると思っていたので、早くてびっくり。

朝のうちに写真を撮っておいてよかった。

役場経由で駆除を依頼すると、自己負担額6000円。

2018年5月3日木曜日

2015年以来、石巻再訪

4月21日、22日で石巻を訪問しました。

2011年に知り合った方々を訪ねる旅。土曜の朝4時半に家を出て、日曜の夜8時過ぎに帰宅しました。旅行メンバーとは現地集合。

みなさん背負っているものはいろいろあると思うけれど、住むところが落ち着いて、一歩前に進んだことを実感しました。バタバタでしたが、行ってよかった。

大宮神社。2012年4月はいろいろなものが山積みになっていましたが、全体的にきれいに片付いていました。山車が入っている小屋は塗りなおされ、社殿の裏には鎮守の森が作られていました。鳥居は壊れたまま。

花壇がきれいに整備され、こいのぼりが泳いでいました。お祭りがあるそうです。

ボランティア団体「グリーングローブ」の活動拠点に連れていってもらいました。震災の直接の被害はなかったそうですが、万石浦を臨む里山を守って育てている人たちが、被災しました。

シカの被害が深刻だそう。


22日朝は、石巻駅周辺で前に行ったことのある場所を、記憶と地図を頼りに行ってみました。

2012年4月には営業していた映画館、石巻日活パール劇場は、もう営業していませんでした。三陸河北新報社の記事よると、経営者が昨年8月に亡くなったそうです。

建物の前に首輪をしたネコ。これ以上近づいたら、立ち去ってしまいました。

何となく建物の裏にいってみると、看板が。とりあえずたてかけてある感じが気になって近寄ってみました。

教育委員会が設置したもので、この場所にまつわる記述がありました。

なんと、吉田松陰の宿所跡。へー、という感じでした。知りませんでした。







前から「また行きたいね」と話していた旅が3月下旬に本決まりとなり、4月1日に交通手段の手配を始めました。帰路となる22日、仙台発の夕方の飛行機の空席がほとんどなく、あっても正規料金。なんだろうとしばらく思っていましたが、パレードの日ということが、だいぶ後になって分かりました。パレードは、空港のテレビで見ました。

日活パールの裏手にある永厳寺







2018年5月2日水曜日

キャットウォークができました

あれだけあった庭の雪も、すっかりなくなりました。

冬の間に家人が工作。吹き抜けにキャットウォークを作りました。

2階の床からつながっています。

興味がないのか、塗料のにおいが嫌なのか、残念ながらまだ歩いてくれませんが、気長に待つことにします。

2018年3月18日日曜日

のびー

こちらに近寄ってくるときに、なぜか、一度止まってのびをします。

後ろはお気に入りの段ボール。無印のは入口が3つある「ハウス」。もうひとつは、やや小さめなんだけど、狭いところが好きなようで、ピョンと入ってくつろいだり遊んだり。

2018年3月17日土曜日

雪がここまで積もったのは10年で初めてという冬

 2月17日。
降雪量は例年より少ないという話もあるのに雪が多く感じるのは、とけないから。
屋根からの落雪がとける前に、雪が降り積もり、さらに屋根から雪が落ちる…の繰り返しでここまできました。
 2月18日。
気温が上がって雪がとけ、窓から光が入ってきました。
雪の重みで窓が危ないのでは…と心配でしたが、窓と雪の間には隙間ができていました。窓はそれなりに暖かいのだろうか?
 2月18日。
外から見るとこんな感じ。
3月17日。
窓の前の雪はだいぶ解けました。例年並みの量。

2018年2月14日水曜日

家で仕事をするときの時間の見積もり方が変わった原因

それはネコ。

ネコは気ままで、イヌのように「遊んで」と寄ってくることは少ないのではと思っていましたが、意外と「かまって」があります。

できるだけ向き合うために、ネコに邪魔される時間というのを見越して、計画を立てるようになりました。

自分の思うようにならないものとお付き合いすることで、だいぶ大人になった気がします。自分も、家人も。

2018年2月5日月曜日

旭川冬まつり2018、ただいま準備中!イクラに目がくぎ付け

あさってから始まる冬まつり。会場では、たくさんの自衛隊員が、あちこちで作業していました。

先週土曜日に見に行ったときは斜面だったところに、階段ができていました。緑色の部分は「スベランヨ」というマットが敷かれています。

人の往来が多い道は、解けて凍ってを繰り返してあっという間にテカテカになりますが、それが軽減される模様。足元安心はありがたいです。

出番待ちの雪だるま。


今年一番気になっている雪像はこちら。

「イクラの軍艦巻き」なんですが、こぼれ落ちるイクラが何ともいい味を出しています。知新小学校の六年生と保護者のチーム。

小雪像を取材するようになって4回目の冬まつり。このような素敵な作品を見ると、学生時代にクラブの仲間と一緒に作った雪像は、完全に内輪うけのキャラクターだったなあ…と思う。


2018年2月4日日曜日

ネコのいる風景

外がいくら寒くても、晴れた日の窓辺は天国。
 20分後。
移動。

多分、暑くなってきたからでしょう。机の上を片付けて、たまたまできたスペースに移動していました。

季節によって、お気に入りの場所が変わります。今時期のお気に入りは、窓辺と、床下からヒーターの暖気が出てくるスリットの上に置いた米袋の中

ネコが遊ぶかなと思って、空の米袋を何となく置いた場所がスリットの上でした。思った通り入って遊んでいましたが、中々出てこないのでのぞいてみると、とても暖か。これなら出るわけないわと納得でした。

2018年1月30日火曜日

ちょっとだけお得と思われるものに対する葛藤

20年くらい使っていた財布を年末に卒業し、初めて長財布を使っています。

何回か買い物をしたことのあるショップサイトで見かけた長財布がとても気になり、数日考えて購入。好みでないと思い、これまで手にしたことのなかった長財布を、なぜ触れもせずに買うことができたのかと考えてみると、「変なものは置いていないだろう」というショップへの信頼なのかなと思います。

財布を新調したい思い初めてから数年。なかなか気に入ったのが見つからなくて、だらだら使い続けていたのが、やっとすっきりしました。これから20年くらい使うとすると、買い替えるのはあと1回か。

財布を替えるにあたり、どうにかしたいと思ったのがカードの類です。クレジットカード、キャッシュカード、運転免許証、ポイントカード、図書館カード、保険証、診察券など、財布の中にはお金以外のものが結構入っていました。使う頻度が低いポイントカードやスタンプカードは、財布とは別のカードケースにも入っています。

新しい財布にもカード類を入れる場所はありますが、これまで財布に入れていたもの全部が楽々入るわけではありません。これは断捨離のチャンスと、ポイントカードをいくつか捨ててみたものの、まだたくさんあります。

1年に数回使うか使わないかのものでも、ポイントがたまったり、値引きになる機会がゼロではないと考えると、なかなか手放すことができません。心の中ではすっきりしたいと思っているのにもかかわらず。

ちょっとだけの「お得」のために、ポイントカード類を持ち歩くのを煩わしいと思う気持ちが大きくなったり、こんなことであれこれ悩むのはばかばかしいと思えるようになれば処分できるだろうなあ、きっと。

「だから、さまざまなカードがマイナンバーカードに一元化されたら便利でしょ?」ということを言ってくる人がいたら、それはノーサンキュー。




2018年1月3日水曜日

夏の傷が広がった

2018年になりました。

ここ数年、年内に何とか書き上げていた年賀状は元日にずれ込み、午前中に美瑛郵便局へ。

そのときは大丈夫だった車のフロントガラスに、本日模様がついていました。

原因ははね石。夏、ダンプとすれ違ったときに、ダンプがはねた石が当たって小さな傷ができていました。

ディーラーで見てもらったら、修理はできなくて、フロントガラスの交換が必要とのこと。冬になるとひびが広がる可能性があり、蜘蛛の巣状になることも、という話でした。

交換の費用はおよそ10万円。車を預けなくてはいけないので、どのタイミングでお願いするかと考えているうちにずるずると時間がたち、今に至っています。

12月、マイナス10℃以下になったときは大丈夫だったのに、昨日今日の少しの冷え込みで傷が広がった模様。修理に出すまで、これ以上広がらないことを祈るばかりです。