2014年12月19日金曜日

雪紋の楽しみ

冬の嵐が過ぎると表れるのが雪紋。

風がよく抜けて吹き溜まりができやすいのはある意味不便。
でも、自然がつくる造形美を身近に感じることができるのは幸せ。


今回の低気圧でどのくらい積もったかというと……
12月16日 
12月18日

12月19日 

足跡は続く・・・

2014年12月14日日曜日

投票所一番乗り

この先のことを思いめぐらすと、Happyな気分はまったくしてこない選挙。

思い立って、朝7時に行ってみることに。朝イチで雪かきをおわらせて、7時2分前に出発。

農閑期だし、高齢の方も結構いるのでライバルは多いかも……と思っていったらあっさり一番目。初めて零票確認に立ち会いました。

中身が空であることを確認して、蓋が閉められて投票箱1つにつき2つのカギがかけられるのをじーっと見ていました。一度カギをかけたらこの場では開けられないとのこと。

これまでの選挙はすべて投票に行った(はず)。誰に投票してきたかはあんまり覚えていないけど、外れ馬券の気分を味わうことが多かった気がする。

やっといつもの冬らしい景色になりました。





2014年12月4日木曜日

雪がない……

本日夕方撮影。

名寄では70センチ積もったという話ですが、ここは数センチほど。白くうっすらと積もったものの、強風で飛んでいってしまった感じです。

10月下旬、11月上旬に少しまとまった雪が降ったときは「根雪にはまだちょっと早いよね」と思いつつ、根雪になるのは時間の問題だと思っていたのだが。

7回目の冬で一番遅い根雪。

車の運転にはありがたいけれど、雪の布団で冬越しするはずの庭の草花へのダメージが心配。

札幌管区気象台のページによると、旭川の長期積雪(根雪)初日の平年値は11月22日だそうです。
10月28日
10月28日
11月5日
11月5日
11月14日
12月4日

2014年9月21日日曜日

秋晴れの日曜の朝

家のまわりは霧の中。

車で5分ほど走るとそこは霧の上。

トマムの雲海ほど立派ではありませんが、なかなかの景色でした。
夏から秋にかけて、日中よく晴れる日の朝は霧が霧が出ることが多いです。今日も秋晴れでした。


庭や畑の片づけにはよい天気でした。

旭岳をはじめ、大雪の山々の雪は増えた感じ。
確実に冬に向かっています。

2014年8月6日水曜日

干し野菜を作っている途中でかびてしまいました

茄子の生育が順調すぎて、もて余し気味なので、干し野菜を作って冷凍させることにしました。 

8月3日にスタートしましたが、写真なし。1日中外で干しました。

8月4日 1日中外で干しました。
なかなかよい感じ。

この干し方は、ネットで「ドライナス」を検索したときに見つけました。





8月5日 外は雨なので1日中室内干し。
8月6日 カビが・・・











5日の日中、家の中は気温28℃、湿度80%。
北海道だから……と思って油断していましたが、これならカビてもおかしくないかも。

8月4日に干したズッキーニは、夕方冷凍庫へ。

ナスも4日のうちに切って冷凍庫に入れればよかった……。

それにしても、こんなにじっとりした暑さを感じるのは久しぶりです。

2014年7月29日火曜日

じょぼじょぼ

ちょっと前の話。 約2か月ぶりの旭川駅前は、一部工事が終わって「きれい」になっていました。

よく言えば「すっきり」。でもまだ殺風景な感じも。
そんな中で目に留まったのはこれでした。

地面から水が「じょぼじょぼ」と。
噴水のようです。

ときどき高さが変わり、MAX80センチくらいでしょうか。
風のせいか、そういうものなのか分かりませんが、全部の高さが揃っているわけでもなく、微妙な動き。


近づいてみました。

低くなっていますが、近づいたからというわけではないようです。

夜は水が止まるのであろうか。


背景は建設中のイオン。

噴水の近くにも日影があると、もっとくつろげそうな気がしますが、除雪の邪魔になるかな。くつろぐなら南口の北彩都ガーデンがおすすめです。





駅前広場の計画はここにありました。

北彩都あさひかわ:新 し い 旭 川 駅 前 広 場
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/kitasaito/ekihiro.htm

市民ではありませんが、利用者としてかなり期待しているんだけど。

北彩都ガーデン

2014年4月5日土曜日

買物公園てくてく

3年半ぶりに通勤復活。

旭川中心部の変わり様や、多分見ていただろうけど気づかなかったものなどを眺めながらてくてく。

いくつかのビルは解体されて駐車場になっていました。

この電柱の微妙なカーブは、多分何か意味があったのだろうけれど、今となってはよく分かりません。

よく分からないといえば、こちらの「スタミナ冷し」。

水栓でしょうか。まわりにもいくつかありますが、他のには何も書かれていませんでした。

2014年1月24日金曜日

雪原散歩

寒くて天気のよい日は、スノーシュー日和。

今回行ったのは冬季通行止めの道。除雪が入らないので冬は車で通ることができません。私は気づきませんでしたが、入口付近のスノーシュー跡が、相方はずっと気になっていたそうです。
先客の歩いた跡がありました
ここまでくると動物の足跡だけ
積雪の深さが分かります
雪の下は農道
見ている方向が違いますが、
右の写真とほぼ同じ位置から撮影
2012年5月の風景
2012年5月に行ったときのことはこちらに書きました。

おやつはにちりんのどらやき。105円。甘さ控えめの餡、ほどよく重い生地が好き。ここの餅も美味しい。4月から108円になるのでしょうか。それとも110円になるのかな。

冷蔵庫に入っていたのかと思うくらい、ヒンヤリしていましたが、これがまた美味しかった。自分たちも冷えてきたので、おやつを食べて退散しました。

2014年1月15日水曜日

マイナス17℃

ここのところ、朝は家庭用冷凍庫なみの冷え込みです。

1月13日

朝7時ごろ
背が低く見えますが、実際は結構高いです
未舗装の農道
果樹がキュートなモニュメントに

1月15日

朝7時ごろ
ピーク時はもっと大きいつららが
寒い朝のこの感じが好き
どこもかしこも真っ白
結晶がびっしり
白い糸はクモの巣
今週末には昨年と同様に冷凍冷蔵庫のスイッチオフをと考えています。 冷蔵品は食品庫で、冷凍品は外で保存。

2014年1月9日木曜日

旭岳温泉クロスカントリースキーコース散策

旭岳温泉クロスカントリースキーコースは、夏も冬も散策を楽しむことができます。

スキーのコースができるのは10月末から翌年6月くらいまで。特にシーズンの初めと終わりは、混んでいるという印象があります。

選手たちの練習に邪魔にならないよう、スキーのときも、スノーシューのときも少しだけ気を遣うわけですが、1月5日は「もしかして貸切?」と思うくらい、誰にも会いませんでした。

ホテルベアモンテの脇から森の中へ。スノーシューをはいてワサビ沼を目指しました。
針葉樹も広葉樹も生えています
真ん中辺にある白い点は飛行機
旭岳
旭岳
旭岳温泉クロスカントリースキーコース
コースはまだまだ続く
何か、きれいで怖い
カッターで切られた溝の上をキツネが歩いた跡が。この道は楽?
ワサビ沼に到着しました。

丁度鳥が飛び立ちましたが、何だか分からず。
カモ沼。カモはいませんでした。
再び旭岳が出てきました。

途中写真を撮ったり、おやつを食べたりしながら、1時間ちょっとで、再びホテルベアモンテの脇に戻ってきました。

人には全く会いませんでした。見たのは鳥だけ。
こちらはメインの道路。フキノトウ!?とびっくりして近づいてみましたが、どう見てもフキノトウでした。

温泉のお湯が常に流れ出ているところなので、厳寒の時期でも雪が解けているのだと思います。それにしもてフキノトウとは!

2,3日前は、ここも天気が悪かったのではと思いますが、この日は天気がよく、気温が下がって雪は適度にしまっていたため、とても歩きやすかったです。

さすがは氷点下。おやつで食べたチョコレートは、案の定、口どけが悪くなっていました。「紗○」は、最後に噛んでごっくんする感じ。次回は銘柄に気をつけて持ってこなくては。

冬のチョコレートといえば、十勝大平原に出たときに食べた生チョコを思い出します。給食所でふるまわれるのは、たいてい、透明のビニールに包まれた一口チョコレート。

でも、十勝大平原は違いました。口どけなめらかで、美味しくて感動しました。ただ、個数制限(やんわりと1人1個)があったかもしれません。