2015年12月4日金曜日

7条通買物公園

行くとたいてい猫を見かけます。
猫3匹、互いに距離を保ちながらくつろぎ中。

「あやしい者ではないよ」と少しずつ距離を縮め、
もう一枚撮ろうとしたところで、お店の扉が開きました。

中からお客さんが出てきたので、
猫は散り散りに。残念。
1匹はいなくなってしまいました。

猫が店先でくつろいでいたラーメン屋さん、
実はまだ入ったことがありません。

隣にできるチーズ屋さんはすごーく気になる。

7条買物公園は、買物公園の中でも特に好きな空間。
こども冨貴堂とプルプルの前にある、銅像を囲んだ
花壇も素敵なんだなー。名前が分からない花が
咲いていて気になっていたんだけど、
もちろん今は、冬模様。

ちょっと先にある、にちりんや手の噴水の辺りも好きなんだなー。

2015年11月24日火曜日

ひざ上3センチ

スカートの丈ではなく、夕方6時過ぎの積雪の深さ。

昨日の夕方までに、それまでの雪はほとんど溶けたので、
ほぼ1日でこれだけ積もったことになるでしょう。

写真は午後3時過ぎ、3回目の雪はね中に撮ったもの。
前回分の仕事は、すべてなかったことになっていました。

この後、車で外出。

除雪が入っていなかったので、通行は、前に通った車の踏み跡が頼り。しっかりと踏み固められていない雪に対して、2WDの軽自動車は弱いです。

自宅前の道と、外の道の交差点でスタックしかけましたが、ハンドルを少し切りながら、前進と後退を繰り返して何とか脱出。

こんな日の裏道は危険。国道をそろそろ走って美瑛中心部へ。
用事を済ませて、無事帰宅。

外出中に除雪車が来てくれたので、行きにはまりかけた場所は難なく通ることができましたが、残された雪で、駐車場の前と玄関通路の前に30センチほどの壁が…。

車庫入れと、家に入るために再び雪はね。

11月にしては、ずいぶん降りました。

2015年10月29日木曜日

スズメと筋肉痛

10月27日の話。

家にいると、どこからともなくカサカサという音。

どうやら、煙突の中に鳥が落ちた模様。
ストーブの前でひかかっているようなので、煙突の一部を外して救出を試みました。

ストーブに上がり、煙突の伸縮部分を抱えるようにして持ち、渾身の力を込めて動かしたものの、予想通り固さ。少しずつしか上がらないので、ちょっと休んでは再びトライを繰り返すこと15分。汗が出てきました。

何でストーブまで落ちてこないのかな~と、ダンパーを閉じてストーブの扉を開けてみましたが、落ちてくる気配なし。

扉を閉じて、作業を再開しました。
煙突は大分短くなりましたが、外すにはまだ少し長い状態。煙突をのぞくと、鳥らしきものが見えるようになりました。

しばらくして、ストーブにドサッと何かが落ちる音。
ストーブの窓の向こうにいるのはスズメでした。もっと大きい鳥かと思っていたのに。

次はスズメを外に出す番です。

ストーブから出てきたスズメは、そのまま天井近くまで飛び上がり、はめ込み窓に激突。跳ね飛ばされて、やや放心状態です。

はめ込み窓に向かって飛んでは、跳ね返されるの繰り返し。

かといって、こちらが手を出すとパニックになって余計に窓にアタックしそうなので、窓を開け、玄関の扉も開け放してしばらく無視することに。音がしなくなったので、やっと出て行ったと思ったら、1時間くらいたってから、まだいることが判明しました。

その後、ベランダのある部屋に飛んで行ったので、そこに閉じ込めました。

ここも開く窓は1つ。ベランダにおびき寄せるのに、部屋の中に米をまいてみましたが効果なし。

出て行く気配が全くないので、追い立てることにしました。

ここでもスズメは、はめ込み窓に向かって飛んで来ました。

こちらは、窓際でカーテンを持って振り回し、スズメがはめ込み窓に近寄るのを阻止。スズメは旋回して元の場所に戻りました。

何度か繰り返すうち、スズメがカーテンにつかまったので、ベランダの扉からスズメごとカーテンを外に出すと、やっと外に飛んで行きました。

煙突を動かすのに、普段使わない部分の筋肉を急激に使ったせいか、2日経った今もひどい筋肉痛。

ことの始終を帰宅した家族に話したら、スズメが落ちてこなかったのはダンパーが閉まっていたからではという指摘。確かにそうかも。

そして、後日、ストーブから鳥を外に出す時は、扉の部分に大きなビニールをあてて、ビニールの中に鳥を誘導し、それを外で放すとよいということを知りました。

筋肉痛と引き換えに、2つのことを学んだ気分。多分忘れない。

なんと、前回初めてスズメがストーブに落ちてきたのも、10月27日でした(2013年)。

2015年10月12日月曜日

注文間違えた

本日、とどっくの配達日。

注文した記憶のない品が…。

記憶をたどってみると、ラーメンを注文したことを思い出しました。同じ麺類だから、注文番号が近かったのだろうなぁ。

OCRで注文していたときは、マークの付け間違いによる注文間違いがたまにありました。

最近の注文はインターネットから。紙のカタログで商品をチェックしておいて、注文番号を入力する形で商品を選択しています。

番号を入力してカートに入れると、テキストと商品画像が表示されるので、目で確認しやすく、注文間違いはほとんどなくなりました。

今回は、3袋注文したつもりのえのきが30袋届いた以来の、久々の注文間違いでした。

このペスカトーレ、値段と原材料と袋の雰囲気からして、結構おいしいのではと期待。
これまで冷凍パスタを買ったことはないので、これも何かのご縁かもしれません。




2015年7月16日木曜日

美瑛の夏の風景

旭川までの通勤はドライブみたいなもの。

走りながら楽しんでいる風景を、久々止まって撮ってみました。













2015年6月18日木曜日

こんにちはガラケー

スマホを使い始めて5年弱。
このたび、3Gのガラケーに戻ることにしました。

きっかけは、電話をかけようとしたときにスマホがフリーズしたこと。
めったに使わないけれど、自分にとっては電話が一番重要。

古いスマホだったので、新しい機種に変えればそんなことはもう起こらないかもしれません。でも、スマホでなければならない理由や料金などをトータルに考えた結果、ガラケーに戻すことに。

ガラホは、今のところ月々の利用料金がスマホ並みになるので却下。

MNPも視野に入れて、機種代金と月々の支払金額を抑える方法を探しました。残念ながら、これといったお得情報は見つからなかったので、キャリアはそのままで本体をオンラインショップで買うことにしました。

店舗にも行ったから、そこで買ってもよかったのですが、見積もりに入っていた「頭金」の説明に納得できずにやめました。

自分ではすっかり忘れていましたが、2年前もこの謎の「頭金」で一悶着あった模様。

オンラインショップで買うと、頭金や、それを避けるための余計なオプション契約は必要ないので、精神衛生上よろしいです。

「端末増設」という扱いなので、ICカードをスマホからガラケーに差し替えるだけで、ガラケーは使えるようになりました。wi-fi環境があればスマホもそれなりに使えるので、カメラとして持ち歩くと思います。



2015年5月24日日曜日

猫の島

猫にひきよせられて、東北旅行の最終泊は田代島。
大泊港近くにある「漁師民宿 はま屋」に泊まりました。

行きの船はとても揺れて、家人ともどもグロッキー。
一緒に下船した日帰りと思われる客は、すぐに仁斗田方面へ島散策に向かった模様。

迎えの車に乗ること2,3分。宿に到着後、チェックインもそこそこに部屋で休ませてもらいました。

少し復活してから島を散策。
ジーッ

わらわら

囲まれた

ジーッ

郵便受けの上にて

古民家を利用した宿はどっしりとした和の雰囲気。自宅とまったく雰囲気は異なるが、これはこれで大変落ちつく。

魚介や山菜など、島でとれる食材を使った料理はどれもおいしく、宿の主の気配りも好印象。機会があれば泊まりたいものです。帰りの船はまったく揺れませんでした。

2015年5月23日土曜日

東北旅行


約1か月前の話。
1日目:仙台空港、仙台→釜石
2日目:釜石→陸前高田→志津川
3日目・志津川→女川→石巻(田代島)
4日目:石巻 帰宅

縁のある土地をキーに訪問地候補の情報を収集。 津田大介さんがすっぴんで話していた話やメルマガからの情報も参考にしました。
復興グルメ旅

復興グルメ取材班,佐藤尚之 日経BP社 2013-06-20
売り上げランキング : 389431
by ヨメレバ

2015年3月15日日曜日

金継ぎ手始め

結婚式をしたレストランからいただいた2枚の皿の内の1枚が、去年の秋、写真のような状態に。
しばらくして、割れた皿の写真を見た友人が、金継セットを送ってくれました。感謝。
中身はこんな感じ。

漆が肌についたときに洗うための油以外、必要なものは一通り入っています。道具はあるのに、何だかんだと取り掛かるのが今になってしまいました。
※洗油は脱脂綿に湿らせた状態で入っていました(2015.3.17訂正)
直す予定の品々。
あの後マグカップも割れました。

欠けた皿も金継ぎで直せるということを知り、対象範囲を拡大。
でも、すでに処分してしまった皿や急須あるのが残念。
ちょっとだけ欠けているものと、ぱっかり割れてしまったものは、必要な工程が少し異なるので、最後の工程を全部一緒にできるよう、時間がかかるものをまず先に。

というわけで、まずマグカップ。
そして本丸の皿。
第一工程の漆固めが終わりました。

段ボールに入れて乾かします。







タヌキにだまされた!?

金曜の午後6時すぎ、道道580号(美馬牛神楽線)を美馬牛方向に走行中、左カーブの先、車道脇左側でタヌキがこっちを見ているのに気づきました。

時速60キロメートル弱で走っていたものの、タヌキの手前で止まるのはちょっと無理。

「出てくるなよ~」と思いながら減速したけれど、こちらの勝手な思いは届かず、案の定出てきました。

タヌキは車の下に消え、「あ~っ」と思った次の瞬間、道路脇右側を歩いているのをサイドミラーで確認。「よかった~」と思ったら、タヌキはパタッと倒れました。

やっぱり駄目だったか…

車を止めたところからはタヌキは見えず。
カーブが続くので、見通しのよいところまで行ってから引き返すか…と思い車を走らせたものの、この時間に役場に連絡しても時間外だろうし、タヌキは道路の外で倒れたから走行の邪魔にはならないし、寒いから腐ることもないだろうし、車は何ともないし…ということで、翌朝確認すればいいかと思い直してそのまま帰宅。

動物の命をいただいて生きているという自覚はあるけれど、交通事故となると話は別。可愛そうなことをしたと、どよ~んとしていました。

で、次の朝通ってみると、タヌキの死骸は見当たらず。

帰りももう一度確認しましたが、死骸があったような形跡もなし。

遭遇した時間と場所を考えると、他の人が片づけたというのは想像しにくい。

あれはいわゆる死んだふり!?

後で考えてみると、ぶつかったような衝撃は一切ありませんでした。
殺していなかったようなのでその点はよかったけれど、タヌキを緊張させてしまったし、自分も緊張したので、もっと気をつけなくてはと反省。


2015年3月12日木曜日

西改札口を出たらそこは

「イオンモールだった」になる日はもうすぐ。

確かこの間までは白っぽい壁だったような気がします。

旭川駅の、空間があり余っている感じ、改札を出たときのやや殺風景な感じが好きなんだけど、どこかで見たような景色になるのかなと思うとやや残念。

でも、イオンモールがオープンしたらきっと行くと思う。
おばさん向けの店がどれだけあるか分かりませんが。

そういえば、記念撮影用の動物パネルはどこへ行った?

2015年3月1日日曜日

猫がくるかも

以前より「猫を飼いたい」と言っていた夫。
あにまある(旭川市動物愛護センター)に行って、猫の飼い主になるための講習を受けてきました。

子供のころは、猫を飼っている家に行っただけでくしゃみ・鼻水・目のかゆみが止まらなかったけれど、いつのころからか、猫と遊んでもそういった症状は出なくなりました。

アレルギー体質が治るということはそうそうないだろうから、全般的に、飼育状態や飼育環境が清潔になってきたのかも、と思っています

それにしても、インコしか飼育した経験のない私にとっては未知の世界。

猫を知るための本はいろいろ入手済み。
必要な道具を揃えたら、いよいよ面会です。





2015年2月16日月曜日

スキーコースに馬!?

この冬は、雪かきの回数が少ない。ということは、畑の雪も少ない。そんなわけで、昨日開催された「丘のまちびえい宮様スキーマラソン」では、畑の上を避ける形でコースの一部が変更になりました。

雪不足で中止になった年もあるから、変更ですんでよかったのですが、準備は大変だったのではと想像しています。

新しくコースとなった個所は初めて通る道。このお店はこんなところにあったのかとか、ここを抜けるとどこに出るんだ?…となかなか新鮮でした。

しばらくすると、コース上に深さ4~5センチ程、ストックの先がすっぽりはまってしまうくらいの大きさの穴ぼこがたくさん。カッターも荒らされていました。

もしかしたら馬!?落し物らしきものも…と思っていたら、後から聞いた話によると、予想は当たった模様。そうなるとコース整備後に馬が歩いたということになるのだが、当日朝?

ストックの先がはまって抜けなくなって折れたら嫌なので、穴ぼこ区間はスケーティングだけで滑りましたが、転倒した人もいるという話。

今回コースになった場所は、もしかしたら、いつもは馬の散歩コースなのかもしれない。だとしたら、人間が突然スキーで現れて失礼した形になるけれど、まさか野良馬ということもないだろうから、飼い主さんとうまくコミュニケーション取れなかったのかなあ。

2015年2月13日金曜日

電気温水器、8年目の故障

夜11時前、ふろリモコンに「Er 10」のメッセージ。取扱説明書によると「タンク内に水がありません」とのこと。

普通にお湯を使っただけなら、そんなことが起こるわけがない。さらに、「温水器専用止水栓を開けてください」とあるけれど、そんなところを閉めた覚えはない。

説明書を見ながら電気温水器(屋内設置)をチェックしてみたけどよく分からないので、風呂はあきらめて寝ました。

翌日、業者さんに見てもらい、基盤を交換することになりました。タンク内には水があるのに、それを認識する部分が壊れてしまい「タンク内に水がないのでお湯を沸かすことができません」と判断されている模様。

電気ボイラーは30年くらいもつと聞いていたけれど、8年目で故障。最近の給湯器は「ハイテク」で、こういった部分が壊れやすいという話。それにしても、こんなところで「基盤交換」という言葉を聞くとは思いませんでした。

取り寄せが必要なため、修理は来週水曜日。それまではボイラーでお湯を新たに沸かすことができません。というわけで、風呂に入ることができないので、本日は松の湯へ。

温泉が比較的近いこともあり、外湯に行くなら温泉・・・・という感じだったので、松の湯は初めて。市街地にあるコンパクトで小ぎれいな銭湯は、銭湯もいいよねと思わせるものでした。こんなことでもなければ来なかったと思うので、まあ、故障もいいかという気持ちに。

でも、今年に入ってからまだ2カ月もたっていないのに、車のマフラーがはずれて、今度は電気温水器の故障。冷蔵庫と洗濯機はそろそろ危ないかも…と思っていたけれど、予期しない故障に次はなんだと冷や冷やしています。

2015年1月27日火曜日

雪景色を舞台にしたライトショー@青い池

今シーズン初めて冬も公開している青い池。21時までライトアップしています。

夏の自然光の下で幻想的な美しさを見たことがあるため、「ライトアップってどうなんだろう…」とあまり期待せずに行きましたが、想像以上によかった。

ライトアップの明かりは、時間によって色や強さ、出てくる場所が変わります。短い間ですが、スマートフォンでもきれいに撮影できるタイミングがありました。



残念というかびっくりしたのは、凍った池の上に足跡があったこと。
柵を乗り越えて、斜面を下りて池の氷の上に立った人がいた模様。落し物を拾った可能性もなきにしもあらずですが、決して安全とはいえないでしょうし、写真のすみっこに足跡が入るのはちょっと……。

畑への無断立入が問題となっている美瑛で、新たな問題にならなければよいのですが。

各方面の尽力によって実現した冬期見学とライトアップ。せっかくのきれいな景色、心穏やかに愛でたいもの。