2012年1月10日火曜日

サラサクリップ0.3

ほぼ日手帳を使い始めた去年、ペンも新調しようかなと、あまり考えずにあるメーカーのゲルインクのボールペンを選んだところ、やたらページが汚れてしまって半月で断念しました。

ゲルインクの乾きがよくないのは、トモエリバーという紙の性質によるもののようです。
もちろんトモエリバーにはよい特徴があります。
  • 裏うつりしない
  • 薄くて軽い
  • やわらかい(ひらきやすい)
それ故、ほぼ日手帳に採用されたのでしょうが、ゲルインクはにじむのです。

仕方ないので合うペンを探したところ、サラサクリップ0.3は、ゲルインクだけどほとんどにじまないことが分かり、20色の色展開から4色購入しました。
特にブルーブラックがお気に入り。

それから3ヶ月もしないうちに、ブルーブラックのペン先から急に針金みたいのが出てきました。書こうとすると紙を破ってしまい、使い物にならなくなりました。
芯を替えればいい話ですが、急に壊れた感じがするので、とりあえずゼブラに問い合わせしてみることに。

数日後、新しいペンとリーフレットが入った封筒が届き、同封の袋に壊れたペンを入れて返送しました。しばらくしたら、調査結果のお便りも来ました。

不良品を交換してくれるのは当たり前といえばそうなんですが、同封のリーフレットの面白さと、丁寧な対応に好印象でした。


今年の正月、今度はブルーブラックのインクが無くなってしまいました。

替芯を店で探したところ、赤と黒しかありませんでした。
ネットで探してみたところ、ネットでは全色のゲルインクを買うことができ、しかも送料無料であることが分かりました。本体105円、替芯84円です。

早速注文しました。
1本だけでは申し訳ない気もするし、いくら送料無料とはいえ、何回も注文して配達してもらうのもエコでは無いと思い、5本分の替芯を購入しました。それでもたった5本ですが。

不良品の交換も、替芯をネットで販売しているのも、会社にとっては当たり前のことかもしれませんが、自分にとっては好印象。余程の新商品が出ない限り、買い直してしばらく使い続けるでしょう。

ペンを使うたび、何かトラブルがあったときの対応と、日々の小さな行いの積み重ねは大事だなと思うのであります。

2 件のコメント:

  1. こんにちは.
    私はPILOTのフリクションボール使ってます.ノック式の方です.
    2年ほど前から使ってますがほぼ日との相性は問題ないですよ.
    職場では最近このペンが人気で,みんな使ってます.
    ペン先から針金が飛び出す現象も昔あって,メーカに返品したら同じように原因調査と使い方アドバイスもらいました.代品も.
    それから替え芯も販売されていて,インクの消費量が速いので3か月に1回くらい入れ替えています.私も濃いブルーを多用するので外側(グリップとか)はすでにボロボロ状態です.
    もし機会があればお試しあれ.

    返信削除
  2. PILOTのフリクションボール、こちらもよさそうですね。ノック式の方は見た目もシンプル。
    サラサクリップよりやや高めの価格設定は「消える」という機能のためなのでしょうね。
    今度街に出たときに実物見てみます。情報ありがとうございます!

    返信削除