2011年4月28日木曜日

「2ひきの猫」4月29日お店がオープンするそうです

美瑛のまちに用事があって、汽車で出ました。

汽車で出るときは、「汽車賃かけて行くのだから」と用事をためて、ついでの用事も作ってから行くようにしています。

用事のひとつ、「丘のくら」で「2ひきの猫」のパンを購入。
そこに、4月29日、お店がオープンするとの張り紙がありました。


写真は張り紙の下の方です。4月29日という日付と挨拶は、上の方に書いてありました。今思えば、上の方も撮ってくればよかった。

明日は多分車が無くて、自転車では寒すぎなので、多分おあずけです。

一番好きなのは、チーズチャパタ。
外側はカリッとしていて、中の生地がジューシーな感じ(肉のジューシーさとは違う、表現難しい・・・)が好きで、毎度買っています。


美瑛のパン屋さんマップ」の方も、直しておきました。

2011年4月27日水曜日

テンプレート変えました

aritai.comのサイトを見ていたら、テンプレートを変えたくなりました。

色々迷った挙句、真っ白になりました。

頭真っ白というわけではありません。

2011年4月22日金曜日

久々旭川駅前をてくてく

以前は通勤先、現在は「街に出る」先となった旭川駅前エリア、約1ヶ月ぶりに行って来ました。

まずは汽車で到着。
駅構内と通路は全体的に薄暗かったです。初めはあれっと思ったけれど、慣れればなんてことはないので、今までが明るすぎたのかもしれません。

駅を出たところ、時計の下に足場が組まれていました。

雪の結晶のオブジェになっている部分は、季節ごとに模様が変わります。足場は交換作業のためなのか、それとも、いよいよ撤去作業のときなのでしょうか。

秋バージョン

旧丸井今井は「フィール旭川」になります。工事進行中。

ジュンク堂が入るそう。楽しみです。




まちなか交流館では、東日本大震災支援のために、東北・関東・旭川合同物産展が開かれていました。
東日本大震災支援「東北・関東・旭川合同物産展」~明日へ・・・心はひとつ。
物流の関係で、商品が限られているとか。
写真は商品の一部です。
他には、別の棚に何点かと、冷蔵庫には納豆がありました。

まちなか食堂のコロッケのにおいに誘われつつ、ぐっと我慢で品定め。


ここで目を引いたのは、写真右下の花巻名産「金婚漬」。

金婚漬

鉄砲漬けと同じ系統の味ですが、中心部の昆布のせいか、上品な味に感じました。
その後さらにてくてく。
本日オープンのお店を見かけました。
このお店、さきほど金婚漬を買った場所に、以前ありました。
おいしい倉庫旭川
一時的に無いだけと思っていたら、引越ししていたようです。

このライスパスタ、以前何かで見ていたのですが、どこで買うことができるのか分かりませんでした。嬉しい出会いです。

今売り出し中なのでしょうか、西武デパートの地下でも見かけました。

ライスパスタは、ゆきひかりの米粉から作られています。
ゆきひかりといえば、学生時代は「冷めたらおいしくない米」(でも安いからよく買う。きらら397が出たら買わなくなった。)という認識でしたが、低タンパク質であること、アレルギーの症状を軽減する効果があるといわれていることから、今も需要はあるそうです。

そのほかには、日水米(ひみこ)お山大福と、小麦畑チボリーノのパンを買いました。

この大福は、高さ5センチほどの三角錐です。餡の甘さは控えめ、餅の部分は噛み応えがあり、米の味を感じました。

次に出かけるのは恐らく1ヵ月後。
もっと春らしくなっているんだろうな。

2011年4月21日木曜日

aritai.com

3月末に始まりました、aritai.comに参加する運びとなりました。


お誘いを受けてサイトを見たとき、「みんな、かっこよすぎ!」と思いました。そして、「ここに自分が混ざって大丈夫か?」とも。
aritai.comは、
自分らしくありたいという
エナジーが動かすBlogエンジン。
ABOUT USより

以前「最低賃金のまち」で書いたように、沈滞ムード漂う地域ではありますが、個々人やグループ、会社など、もう少し小さい単位で見ると、決してそんなことばかりでは無いことも事実。
「もう少ししたら変わっていくよね~」という期待をこめて書いたし、もちろん自分も何かやらねばとも思っているので、まずは小さな一歩。お仲間に入れてもらいました。

YUTABELLさんから、
テーマは自分らしく aritai 
それだけですから・・・
という言葉をもらいました。いい言葉です。

2011年4月18日月曜日

会社をやめて200日たった感想

長いような、短いようなの200日です。

仕事をやめる前後で家事量はそんなに変わっていないので、通勤+仕事に関わっていた時間は、まるまる自分の時間。ある意味非常に贅沢です。

時間を無駄にしたくないと思って色々詰め込んだり、思ったように事が運ばなくて反省したりする日もあれば、仕事していたときと同じ感覚でいる必要もないよな~と思ったり。

時間については、まだ試行錯誤中です。

タイトではない時間の使い方に体が慣れたせいか、夜遅くまで起きていて、朝も早く起きてを繰り返したときの、疲労がたまってくる間隔が短くなりました。加齢のせいもあるかもしれません。

この約2ヶ月、仕事については待ち時間。
来月あたりには、進展があればと思っています。

それにしても、現在のそこそこ充実した生活、パソコンとインターネット環境抜きでは成り立ちません。

これまでの最長無職期間は、結婚前に会社をやめて、次に就職するまでの約半年でした。
結婚までは実家に居候させてもらって、テクニカルライティングの勉強したり、ボランティアをしたり、ニジェールに行ったり。あとは、結婚式で自分が着る服を作ったりもしました。

結婚に伴い引っ越しました。
手続きやら慣れるのやらで1ヶ月くらいたったころ、そろそろすることがなくなってきたし、家族以外の人と接触する機会が欲しいので勤めたくなってきました。

当時、インターネット接続はダイヤルアップ。頻繁にアクセスするものではありませんでした。ADSLは普及し始めているものの、「普通」の人はまだ様子見の感じがありました。

当時は、環境も、使いこなすスキルもありませんでしたが、今なら「そろそろすることがなくなってきた」とか「家族以外の人と接触する機会が欲しい」というのはインターネットで解決できると思います。

それがいいのか、悪いのかは分かりません。
悪くないように、生きるだけです。

2011年4月15日金曜日

みんなでやれば

民放ラジオを聞く時間が多いです。

3月20日からスタートした、ACジャパンの「みんなでやれば大きな力に」ですが、そろそろこのバージョンは終わりにした方がいいのではと、聞くたびに思う今日この頃。

生き延びること、健康な生活を送ること自体に助けが必要な方々がまだまだたくさんいる一方、復興に向けた動きも出てきている中、震災直後と変わらない呼びかけはずれているような。「思考停止」を呼びかけている感じがします。

「みんなでやれば大きな力に」の内容をCMで呼びかけなくてはいけなかった状況は、本当は恥ずかしいと思う。でも現実、必要だったのでしょう。まだ必要?

CM枠を埋めるためにACのCMがどうしても必要というなら、今ならなんだろう、「ジャンジャン消費しましょう(買い占めはダメよ)」、「風評はデマと一緒、嘘つきにならないようにしよう」とか。ちょっとセンスないか。

要は「自分の頭でしっかり考えて行動しよう」なんだけど。

実は、「みんなでやれば」と聞くと「怖くない」という言葉の方を思い出す。そしてあのCM自体、好みではない。

2011年4月13日水曜日

Sugawara 7 chome, 6 jo-dori

美瑛町観光協会発行の「びえいロードマップ」は、日本語版、英語版、中国語版、韓国語版があります。

去年の晩秋、英語版を見たくて美馬牛駅に行ったら、1枚だけ残っていました。誰かが使ったものらしく、ちょっとよれていて、書き込みもありました。

書き込みをよく見ると
Sugawara 7 chome, 6 jo-dori
Shoyu Ramen
の文字。
文字の感じからして、日本人が書いたものではなさそう。

正しくは「7 jo-dori」なんだけど、「ラーメン すがわら」のようです。
ラーメン すがわら
外国人観光客が口コミで伝えるお店なのね~と思って、ちょっと感動しました。

私なら「Shio Ramen」と書くと思います。

全国的に観光客のキャンセルが多いと聞きますが、今シーズンの北海道観光はどうなるのでしょう。来てくれた方々には、北海道を十分堪能して帰ってもらいたいなあと思います。

「北の庭とごはん」をオープンしました

パソコンが新しくなりパワーアップしたので、Webサイトを作るためのソフトが使えるようになりました。
5年ものの携帯電話をスマートフォンに替えたので、写真を撮りやすくなりました。

Webデザインの勉強をしたいし、WordPressも触りたいしということで、これから増えるであろう、庭の記録を整理するためのサイトを作ることにしました。

ぼんやり考え始めてから2ヶ月、実質3週間くらい。だいたいのところができたので、本日オープンしました。

北の庭とごはん
庭日記は、庭づくりと家庭菜園の記録です。
ごはん日記は、庭でつくったものをどうやって食べたかの記録です。
ただ、北海道で家庭菜園ができるシーズンは短いので、ただの「たべもの日記」でもあります。「私は、私の食べたものでできている」という言葉を大事にしています。
サイトを作ったきっかけは、極めて個人的な理由ですが、ガーデニングや家庭菜園の情報を収集している方々の、少しでもお役に立つことができれば嬉しいです。

そして、花の写真を見たり、たべものの写真を見て、ちょっと幸せな気持ちになっていただければ幸いです。

2011年4月10日日曜日

スノードロップが咲きました

春を告げる花と聞いていた通り、シーズン一番最初に咲きました。

嬉しくて、涙が出そう。

プルーンの木の根元にも。

午前中は雪の下でしたが、夕方になって顔を出しました。

2011年4月9日土曜日

庭仕事開始

ここ数日で雪解けが進みました。

本日朝の写真。

こちら、おとといの写真。






雪解けは進んだものの、気温は氷点下まで下がるので、朝は霜柱ができたり、氷がはったりします。

でも、今日から庭仕事を開始しました。



まずは、去年のシーズン初めから、草や生ごみを積んであった堆肥場のチェック。
下の方だけ、これから開墾する部分に混ぜることにしました。

北海道は夏は冷涼、冬は雪の下のせいか、千葉でやっていたときよりも分解がかなり遅いです。

中身を枠の外に出しているとき、動くものを発見。

チューリップをかじったねずみかと思ったら、動きが何か違います。よく見たらモグラ。

囲いのうち1辺ははずしてあるのでそこから出られるのに、目が見えないのか、壁を登ろうと一生懸命でした。

後から調べたら、「トガリネズミ」ということが分かりました。

長靴、選手交代。
向かって右は、冬の近所歩き用。左は、畑仕事用です。

ガーデニングブーツも憧れますが、脱ぎはき大変そうだし、夏は暑そうなので、クラシカルタイプを愛用。
晩秋に抜いて、畑の脇に放置していた芽キャベツが雪の下から出てきました。

秋にはしなびていたのに、なぜか青々。残っている芽キャベツも、ちょっと大きくなっている感じ。
もったいないので食べました。
早くも畑の恵みを堪能。

これから毎日楽しみです。

2011年4月7日木曜日

食べ残しを見られるのは、裸を見られるのと同じぐらい恥ずかしいと思う

林真理子さんの言葉です。
「残さず食べる」母の教え
「ものを残すのは一番みっともない」と教えたお母さんに怒られながら、残さず食べることが習慣になると、「食べ残しを見られるのは、裸を見られるのと同じぐらい恥ずかしいと思う」ようになったそうです。

林真理子さんらしい表現、3月26日の「NIKKEIプラス1」で見て以来ずっと、心にひっかかっています。

小さいころから「食べ残し」とは縁遠い生活をしてきました。
特に怒られた記憶はないけれど、「残さないで食べる」しつけはあったと思います。

食べ残しが出るようになったのは、社会人になってからの飲み会。
コースでなければ、注文を調節すればいいので何とかなりますが、コース料理は残ります。いつも心が痛みます。
頑張って一人前以上食べますが、それでも残る。

残すのは「恥ずかしい」こと。

このバージョンのCMはなかったっけ?

持ち帰りについては、店が拒否する場合もあるし、持って帰るにはちょっと・・・という状態のものもあります。
コース料理だから仕方がないと言われればそれまでなのですが、何とか知恵はないものか。
コース料理をやめればいいのか。
そういう宴会は辞せばいいのか。

2011年4月5日火曜日

春のにおい

ここ数日、日中プラスの気温になるので雪が融けが進んでいます。
こちらはほぼ同じ地点で、3月8日に撮ったものです。
雪よけの壁は、畳まれました。
冬季通行止めの道は、まだ雪が残っています。

雪はしまっているので、歩いて行けますが、段差があるので車はまだしばらく無理でしょう。



写真で表すことができませんが、ここ数日、風向きによって肥料(堆肥?)のにおいが漂ってきます。
季節の変わり目を感じるにおいで、結構好きだったりします。

2011年4月4日月曜日

宅配の欠品で知った品薄なもの

食料品やちょっとした雑貨の調達は、コープさっぽろの宅配システム「トドック」に頼っています。

地震後最初の配達は、3月14日。
その日は、注文していた千葉産のサツマイモが欠品となりました。

3月21日は、注文したものに欠品はありませんでした。そして、再び千葉産のサツマイモを注文してみました。

3月28日は、千葉産のサツマイモ、とろろ昆布が欠品でした。

4月4日は、明治ブルガリアヨーグルト、千葉産の大葉が欠品でした。

地震の被害で生産、物流に影響が出て、欠品・遅配や産地変更になっている商品は50品目前後あるようです。「地震の被害」というだけで詳細な理由は書いていないので、どこがどういう風に影響を及ぼして欠品になっているかは、残念ながら分かりません。

サツマイモについては、千葉県の畑が水を被ったのかなと思っていたのですが、収穫は秋のはず。貯蔵施設が被害にあったのでしょうか。2週間たっても欠品ということは、代替産地の商品も調達できない状況のようです。

とろろ昆布は、説明のチラシが入っていたような記憶がありますが、よく読まずに捨ててしまいました。
ネットで調べたら、原発事故の影響で、ヨードを含む食品が品薄になっていたことが分かりました。今週は届きました。

ヨーグルトもこれまた何で品薄なのか思いつかなかったのですが、調べたら計画停電の影響らしいということが分かりました。関東の工場で作られていることを、意識していませんでした。

大葉については、はっきりしたことが分かりませんでした。ハウスの燃料不足か、はたまた物流の問題か?

地元のスーパーにも無いのか見に行きたいところですが、車で15分、もしくは2時間に1本の汽車に乗らないと店に行けなくて、しかも平日は車がありません。(だから宅配に頼っているわけですが。)

どれも無くても困るものではないので、周回遅れのような気づきでも平気にしていますが、今後どんな影響が出てくるのか心配半分、興味半分というところです。

提供を受ける方はこんな姿勢でも大丈夫ですが、提供する側はかなり大変な状況と思います。

そういえば、停電のとき、店の冷凍庫のアイスクリームや冷凍のものはどうなっているのだろうか?

※4/5追記
スーパーにヨーグルトはありました。メグミルク、森永。いずれも道内の工場で作られたものです。
たまたまこの週のカタログに載っていたのが明治のヨーグルトで、どういうルートで調達しているか分からないけれど、手に入らなかったということのようです。

2011年4月3日日曜日

コーヒー好きのあなたへ

美瑛町美馬牛にあるカフェGoshの4月のブレンドは、「震災の応援ブレンド」です。
Gosh [ゴーシュ] ニュース



4月のブレンドの売り上げ50%が、義捐金として日本赤十字社に送られるそうです。

まだ飲んでいないので、味についてはHPからご紹介。
ブラジルの下坂農場からの2010年収穫のニュークロップ豆をベースにあっさりと仕上げました。
http://www.gosh-coffee.com/news.html
ここに書かなくても有名なカフェだと思いますが、コーヒーも、パンも、料理もおいしいお店です。

昨日(土曜日)午後3時過ぎに行ったら、ほぼ満席でした。
そろそろ暖かくなるので、お客さんも益々増えるのでしょうね。

私としては、拡張された庭の行方が楽しみです。

2011年4月1日金曜日

閉じていない発想

春になったので、クロスカントリースキーはおしまい。昨日、前から参加したいと思っていた、ヨガ教室に行ってきました。

こちらの「燃焼系ダイエットクラス」です。

8回のうち1回しか参加できませんでしたが、すべて「東北関東大震災チャリティークラス」でした。
参加料は無料にして、募金を募るというものです。

運動するとポジティブな気持ちになるし、その気持ちで募金をすると、またどこかで募金できるように日々頑張ろうという気持ちも湧いてきます。(財布の紐もゆるむ気がします。)

よく分からない自粛とは、対極の結果のように思います。

このような機会をくれたミカ先生、ありがとうございました。