2011年4月15日金曜日

みんなでやれば

民放ラジオを聞く時間が多いです。

3月20日からスタートした、ACジャパンの「みんなでやれば大きな力に」ですが、そろそろこのバージョンは終わりにした方がいいのではと、聞くたびに思う今日この頃。

生き延びること、健康な生活を送ること自体に助けが必要な方々がまだまだたくさんいる一方、復興に向けた動きも出てきている中、震災直後と変わらない呼びかけはずれているような。「思考停止」を呼びかけている感じがします。

「みんなでやれば大きな力に」の内容をCMで呼びかけなくてはいけなかった状況は、本当は恥ずかしいと思う。でも現実、必要だったのでしょう。まだ必要?

CM枠を埋めるためにACのCMがどうしても必要というなら、今ならなんだろう、「ジャンジャン消費しましょう(買い占めはダメよ)」、「風評はデマと一緒、嘘つきにならないようにしよう」とか。ちょっとセンスないか。

要は「自分の頭でしっかり考えて行動しよう」なんだけど。

実は、「みんなでやれば」と聞くと「怖くない」という言葉の方を思い出す。そしてあのCM自体、好みではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿