2011年10月23日日曜日

晩秋の丘

あちこちでビートの収穫が行われています。

朝早くから収穫の機械音が聞こえてきます。作業の進み具合、翌日の天気によっては暗くなっても収穫が続きます。

写真は10月19日撮影。
ビートの葉っぱはとても青々しています。この時期の丘の緑色は、麦かビートの葉っぱです。
10月21日午後4時過ぎ、別の場所で撮影。
収穫したビートは積んで置くと、製糖工場まで業者が運びます。ここら辺は、士別の工場に運ばれるそうです。

ビートの収穫時期前には、畑の入り口に名札が立てられます。時々年中出っ放しの名札も見かけます。
夕焼けと野焼きと豆ニオ。
豆ニオは、収穫した豆を乾燥のために積み上げてビニールなどをかけたもので、「ぼっち」ともいいます。

千葉に住んでいたときは、落花生のぼっちをよく見ました。豆ニオという言葉はこちらに来て初めて知りました。

先週は雪虫をたくさん見ました。

去年の今頃は、雪が降って一度積もりました。
今年はまだ大丈夫そうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿