2012年5月20日日曜日

気になっていた旭川のパン屋さんに行ってきました

旭川に新しいパン屋さんががオープンしたという話を聞いても、遠いし、営業日の関係でなかなか行けないことが多いです。

先日偶然が重なって行くことができた2軒も、しばらく行けないだろうなと思っていたお店。両方とも、旭川に出たとしても普段は行かないエリアにあります。カーナビが無いので、スマホの地図アプリが大活躍でした。

あーる

午前11時すぎに到着。

棚にはたくさんのパンがならんでいた形跡が。
すでに品薄状態でしたが、まだ残っていてよかった。

ハード系から2つとシナモンロールを買いました。

冷凍するためにスライスしたところです。

外側についているのは、ライ麦の押し麦だそう。パンを切ると押し麦はとれてしまうので、集めてスープに入れていただきました。

パンはやや酸っぱめ、好きな味。ほどよい硬さです。
タマネギが入っています。

上のパンに比べると、中は白く柔らか目。冷凍前に味見したら、食べ進んでしまいそうでした。

次に行けるのはいつか分かりませんが、もっといろいろ食べてみたいと思うパンでした。

パン・デ・ペシェ

12時前に到着。開店前の行列の話を聞いていましたが、それはありませんでした。行列は無いけれど、パンもほとんどありませんでした。

残っていた中から、fromage noix、シナモンロール、ハイジのシロパンキャラメル、currantsを選択。

どれもおいしかったけれど、これが一番かな。

幼稚園帰りの母娘が、お昼に食べると思われるパンを買いに来ていました。お母さんがパンを選んでいる間、女の子はこの扉を開けて出たり入ったり。扉を開けた時、カメラを構えている私と目が合い、そしたら閉められてしまいました。

子供のころからこんな美味しいパンを食べられるなんていいなあと思う一方、後で苦労するかもと思ったりもしました。

営業日、営業時間が非常に限られていることを後から知りました。よく調べないで来て買うことができたのは、ついてたかも。

あちこちパン屋さんを訪ねて思うのは、おいしいパンを売っているお店が近くに2軒もあるので恵まれているなあということです。

0 件のコメント:

コメントを投稿