2011年6月30日木曜日

アップルマンゴーを買って食べました

メキシコ産アップルマンゴー1個398円。

とどっくで「今季最終」の文字が出ていたので、買ってみました。

ペリカンマンゴーは買って自分で切って食べたことはありますが、アップルマンゴーは初めて。食べるのも初めてかもしれません。

軽く押してみて、柔らかかったら食べごろと書いてありました。
昨日はまさにそんな感じでしたので、食べることに。

  1. 食べ方が分からないので調べました
  2. 実践
  3. 感想

1.食べ方が分からないので調べました


ペリカンマンゴーは種の占有率が高くて、種に包丁をあてるように削ぎ切りした記憶があります。
アップルマンゴーはよく分からないので、ネットで検索。



意外と簡単そう?

2.実践


YouTubeの映像で、スパッと包丁を入れていたのが印象的でした。

「アップルマンゴーは種無いのかな?」と思いつつ、そのイメージで真ん中に包丁を入れてみましたが、途中でひっかかってしまいました。

変だなと思って、もう一度YouTubeを見直すと、冒頭に「マンゴーは真ん中に平らな固い種が入っているので・・・縦にして3枚おろしの要領で」と書いてありました。どうやら冒頭から7~8秒、ちゃんと見ていなかったようです。種が無いわけない。

種の占める率は、ペリカンマンゴーに比べてはるかに小さいです。実がいっぱい食べられる感じ。

3枚おろしの真ん中部分からも
実がとれます。
もう少し細かく包丁を入れた方がきれいかも。

3.感想

よく熟れていておいしかったですが、思ったよりあっさりした味でした。
どちらかといえば、つるんとして、酸味と甘みの両方あるペリカンマンゴーの方が好みです。

国産のアップルマンゴーとは違う種のようです。
マンゴーのページ
是非一度国産のを食べてみたいですが、値段は3~5倍くらいするみたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿