2016年2月10日水曜日

懐かしの布

ここ数年、帰省をしたときに、実家に残っている自分のものや、実家では使わないけれど、自分では使う機会があるかも、というものを引き取って帰ることが多いです。

今回は端切れ。

袋の中には、自分で買ったもの、妹が買ったと思われるものなどいろいろ。

見ているうちに、家庭科の授業でパジャマを作ったこと、妹がワンピースを作ったこと、布にまつわる記憶がよみがえってきてました。

中でも一番懐かしかったのがこれ。
サンリオのキャラクターに似てなくもない、微妙な感じの猫柄。

「これで、30センチの竹のものさしの袋を縫ってくれたよね」と母親に話したら、現物が出てきました。作ってから35年以上。

残っている布で何を作ろうか、今は全く思いつかないけれど、何か面白いものができればいいなあ。

0 件のコメント:

コメントを投稿