2011年7月5日火曜日

犬の話

犬は好きです。
犬と一緒に暮らしたことがないので、自分にとって犬は外で会うもの。

山菜採りに一緒に行った犬。
通ると絶対ほえる「メグ」。








庭ができてから、侵入犬も出るようになりました。

この日初めてやってきて、この後一度も見ていません。

散々はしゃいだ後の休憩中。
拾った何かをしきりにかじっています。

花が咲いたばかりの果樹に「パクッ」と噛み付きました。じゃれていただけなのでしょうが、一瞬びっくりしました。(叩こうかと思った)

隣のメイちゃん。おっとり可愛いです。

視野の端っこの方で黒いものが動いていると、「熊?」とたまにハッとするときがあります。





外で犬に接することはまあまあありますが、室内で接した経験はまだ少なく、犬を飼っているお宅にお邪魔したときくらいです。

先日、とあるカフェに入ったら先客に犬が。

どうやら「犬同伴OK」とは大々的に宣伝はしていないけれど、大人しくしていられる犬なら一緒に入ってOKのようでした。

自分が犬を連れて歩かないので、「犬同伴OK」を前面に出している店に行ったことがなく、犬と一緒の空間でご飯を食べるのは初体験でした。

先客の犬たちは、確かに大人しいです。人間が座る椅子にシートを敷いてもらい、そこに座っていました。食べ物が運ばれてきても、ちらっとは見るものの、ほえたりせず大人しく椅子に座っていました。

まわりの人間(自分も含めて他のお客さん)の方が、犬に注目してそわそわしている感じ。そして、犬嫌いの友人のことを思い出しました。
犬好きの人は好意の気持ちで「そわそわ」するけれど、嫌いな人は嫌な気持ちで「そわそわ」するのかなと。

ちょっとデリケートな問題。
タバコと同じで、公共の空間では住み分けが必要なのかなと思いました。

いつか犬か猫を飼いたいと思いつつ、どちらも飼ったことがないので日常的にどう接するものなのかよく分からず、まあそのうちそういうタイミングが来ればと思っている今日この頃です。

0 件のコメント:

コメントを投稿