2010年10月26日火曜日

自転車整備

自転車をいっぱい持っている友人からもらったCHERUBIM、7年ほど輪行袋に入れたままでした。

去年の夏、一念発起して組み立てたのですが、タイヤとチューブが劣化して使えない状態であることに気付いて去年はそこでおしまい。

今年はサイクルベースあさひでタイヤ、チューブ、バーテープを注文。
18年ぶりに自転車のタイヤ&チューブ交換を行いました。
割とスムーズに前輪の交換が終わって後輪を見たら、見事にリムテープがちぎれていました。
リムテープは切れるものだということをすっかり忘れていました。

通販で買うと商品金額の割りに送料が高くなってしまうので、旭川に出たついでに自転車屋さんで買うことに。
何件もまわる時間はないので、吉田輪行スポーツ商会に問い合わせて、在庫があることを確認してから行きました。

そこから1ヶ月ほどたって、やっとタイヤまわりは終わりました。
次はバーテープ。
巻き方のコツをすっかり忘れてしまい、上から巻いたり、またはずして下から巻いてみたり。
時間がかかった割にはきれいにできませんでした。

特にエンドキャップまわり。
思ったより厚みがあって、バーテープの端っこをバーに納めるのに苦労しました。
厚み、手触りがよく分からないので、バーテープは写真だけで選ぶのは難しいということを実感しました。洋服に近いものがある気がします。

疲れてしまったので、反対側は来年にします。

0 件のコメント:

コメントを投稿