2016年11月24日木曜日

猫1カ月

11月23日で、家にアイちゃんがきて1カ月。
ボイラーの下にいる時間がだいぶ減りました。

爪を切ったり、ブラッシングをしたり、だっこしたり
できるようになりました。元々「人なれしている」
というふれこみだったので、警戒心がとけたという
ところでしょうか。

トイレはすぐに覚えたし、つめとぎもほぼ大丈夫。
そんな中、現在困っているのは、朝の鳴き声。

目が覚めると、文字に表すのが難しい、野太い声や
猫なで声などいろいろなすごい声で鳴いています。

起床予定時刻より早いときは、無視してそのまま
寝てしまうけど、お客さんが泊まるときに多分困る。

起きると、アイちゃんは足にまとわりついてきたり、
行く先でお腹を見せて転がったりと超アピール。

餌をあげるとすぐに食べるから、朝、おなかが
すいているのが原因とにらんで、餌の時間と量を
変えました。

初めは1日の量のほとんどを朝にあげて、夜は少しだけ。

ここ数日は、朝6時に1/3弱、夕方6時もしくは帰宅後すぐに
1/3、夜10時以降に1/3強。

朝鳴きは、インターバルが長くなったものの、止まりはしない。

お腹がすいているから鳴いてアピールしているのだと
思うけど、どうやらそれだけではないのかもしれない。




一人遊び中。

床は傷だらけ。



2016年11月6日日曜日

猫2週間

10月23日に来てから2週間。
まだダッコはできませんが、警戒心はとれたようで、
寄ってくるようになりました。

名前は「アイ」となりました。
目(eye)が印象的だからという理由。

家に来た翌朝、姿が見当たらず。

まさかここではないだろうと
ボイラーの下をのぞくと足が見えました。

いるかいないか分かりやすいように、
カバーをはずしました。
寝床になってます。いたずらはしてない模様。

ある日家に戻ると、台所のかごに入ってたスパゲッティの袋が脱衣室に。
近くにあったおかきの袋と共に、激しくかじられてました。
たべもの類は引き出しにしまうことに。

その前は、えさの袋がかじられてたので、別の部屋へ移動。生ごみの一時置きにあった卵の殻が部屋の中に落ちていた日もあったので、以来、外のたい肥場にマメに持ってくようにしてます。

ときにはこんなことも。
基本的にオープンな作りの家なので、猫も往来自由。

ガスコンロや作業台にも上がるので、両面テープを張ってみたものの、効き目なし。

いたずらされて困るものは片づけるようになりました。

人間が変わったことといえば、
・床掃除が1週間に1~2回だったのが毎日に
・猫動画をよく見ていた人は、見なくなりました
・「猫と遊ぶ時間」というのができた
くらいでしょうか。

初雪はね

10月下旬から雪が降ってます。

こういう年はこれまでもありました。
「根雪にはまだ早いよね」なんて言っているうちにとけて、
しばらく暖かい日が続き、11月下旬くらいに再び降って、
それから根雪というパターン。
最初に雪が降ってから冬囲いをしても、十分間に合ってました。

ところが今年は、次から次へと雪が降る。
とけたと思ったらまた積雪。

冬囲いはまだ。

そして今朝、雪はねが必要なくらい積もりました。


気温が高いので湿った雪。
場所によっては長靴が埋まるほどの量。
休日の朝、家の前の車どおりは少なく、
道はほとんどついてない。
こんなとき、軽自動車はややつらい。

いくら雪はねしても、手作業では限界があり、
角を曲がるときにスタックしやすいのだ。

朝から出勤する家族は、家の前と通りに出るまでの2個所で
スタックしながらも、何とか脱出。

除雪車が来てくれた今は、天気がいいこともあり、
アスファルトが顔を出しました。

根雪はまだだよね、と思いたいのですが。