2013年12月30日月曜日

よく降ります

年末、久々、まとまった雪が降っています。

昨日の午後から雪の降りが激しくなりました。

丘経由の道を通って、町中心部の図書館に行こうと家を出ましたが、道路への積雪の様子から軽自動車では危険と判断し、途中で国道に出ました。

図書館の後、友人宅を訪問しました。
その間も雪はずっと降り続き、帰るのは危ないかもということで、泊めてもらいました。

昨日17時すぎに車をとめて、翌朝7時すぎに撮影。新たに30センチ以上積もりました。

雨雲レーダーによると、雪雲は美瑛以南にかかっている模様。

今日は上富良野まで行きましたが、国道を走っていても、道路の端を知らせる標識よりも内側に、雪壁がはみ出ている箇所がありました。路肩も見えにくいので、ちょっと怖かった。

中には路面がボコボコのところも。比較的除雪がしっかりされることの多い国道でも、除雪が間に合っていないようでした。

年内にここまで降った記憶はないなあ。

3回目の雪かきをするか。

2013年12月17日火曜日

ちょいと津軽海峡の向こうへ

年末年始を避けて帰省しました。

北関東の冬らしい日差しと風。朝晩は冷え込むけれど、日中はとても暖かでした。

北海道の外猫は、この風景を見たらうらやましがるかも。






北海道はもう白い世界。過ぎた季節が再び戻ってきたような感じです。
留守中、たっぷり雪が降りました。

青空駐車場にとめた車の周りには、前後左右、タイヤが埋まるくらい雪が積もっていました。

携帯シャベルを積んでいなかったので、足やブラシを使って雪をよけて何とか脱出。出てきたときは雪が少なかったので、一気に増えた感じ。家の前は、35センチくらい積もっていました。

家に入るのにどれだけ時間がかかるだろうと覚悟していたら、駐車場まわりは除雪されていて、道路から玄関に向かって道がついていました。ご近所さんに大感謝です。

2013年12月4日水曜日

裂き編みの前に

仕事机では、バランス椅子を使っています。

床はパイン材。ちょっと引きずるとすぐに傷がついてしまいますが、椅子の動きやすさを最優先に、何も敷いていませんでした。
だんだん傷が増えてきたので、何の気なしに古いシーツを畳んで敷いてみたら、結構よい感じ。シーツそのままは何なので、既製品のマットを探すか、シーツを何とか加工するか考えて、シーツを使った裂き編みに挑戦してみることにしました。

写真はシングルシーツ1枚分。

布が紐になるまで、休み休みですが、半日かかりました。

これから編む予定ですが、完成はいつになることやら。それより、これだけで足りるのかも分かりません。

2013年12月3日火曜日

秋の次には冬がやってきました

雪待ち」と書いた翌日に雪が降り、根雪となりました。
遅かれ早かれ、秋の次はきちんと冬がやってくるということのようです。

この冬も、北海道では数値目標つきの節電目標が出ました。

12月9日から2014年3月7日までの、年末年始を除く平日が対象で、時間帯は午後4時から午後9時まで。目標値は2010年度比6%以上だそうです。

「無駄」の見直しや省エネ商品開発のきっかけとなるのはよいことでしょうが、一方、数値つきの節電目標はいつまで続くのかしらという疑問も。数値目標解除の要因として思いついたのは以下の2つ。

  • 泊原発が再稼働するまで?
  • 北海道と本州を結ぶ送電設備の容量が現在の1.5倍になる日まで?
    (新聞報道によると2019年3月完成らしい)

う~ん、いつなんだろう。