2011年3月30日水曜日

гэрийн хуушуур

昨日の餃子の皮が残っていたので、モンゴル料理「ホーショール(хуушуур)」を作りました。

「гэрийн」は「家の」という意味で、タイトルは「家のホーショール」になります。

具の基本的な材料は、ミンチ肉(羊が多いです)、たまねぎ、ニンニク、塩。

あとは店や家によって色々です。行者ニンニクやハーブが入ったりするときもあります。

簡単にいうと、巨大揚げ餃子です。

今日はジャガイモ(肉無し)で作りました。





ホーショールはモンゴルの基本料理のうちの1つで、道端、食堂、レストランでも食べられるし、家庭でも作られます。

道端や食堂のは、平べったいのが多かった気がします。
こちらのページの写真感じ。
ホーショール
店によっては、もう少しふっくらした感じのもあります。
モンゴル ウランバートルの食堂 ~オルスガル・ホーショール~
塩味がよくきいているときは何もつけないで食べますが、ケチャップやチェコ製のしょう油をつけて食べるときもあります。

気をつけないと、油やけしていたり、肉が臭かったりするのにあたりますが、モンゴル人がよく買っているかどうかを見て買うと、たいてい大丈夫でした。

一回の食事に、2、3枚食べればおなかいっぱいでしたが、5枚、10枚食べている人もいました。
※ふっくらしているのは「個」で、平べったいのは「枚」で数えていましたが、モンゴル語では区別はありません。

ホーショールの写真を探しているときに、モンゴル料理の素をみつけました。
モンゴル料理の素
ポーランドの会社なのかな。
ターゲットはヨーロッパに住むモンゴル人???
こんなに色々なハーブを入れていたっけ???

モンゴル料理は基本的にシンプルな味付けなので、わざわざ買う人がいるのか疑問なのですが、売られているということは買う人がいるに違いない。

どこで売られていて、どんな人が買うのか知りたい。

2011年3月29日火曜日

今天我包了饺子

先日、中国人の先生から、中国語と水餃子の作り方を教わりました。

本日は水餃子の復習をしました。

メインとなる具は、豚肉とセロリです。皮がちょっと大きすぎたようです。

習ったのは、もう少しお上品な感じでした。

茹で上がってすぐに食べ始めたら、写真撮るの忘れていました。

残りわずかです。

まあまあ美味しかったです。
でも、教室で作ったときの方が美味しかった。「つるん」とした感じが足りない気がしました。

思い当たるのは、今回は1つ1つがやや大きくなってしまったこと。皮を棒状に伸ばしたとき、やや太かった模様。

そして、教室では、花椒の香りがついた油が入っていたのと、中華だしが液状だったので、今回よりも具に油分、水分が入っていました。これが具の滑らかさに関係しているものと思われます。

というわけで、また作ってみます。

谢谢 尚老师!

2011年3月28日月曜日

瓢沼(ひさごぬま)をめざして

地形図を見ると、旭岳の西側に瓢沼(ひさごぬま)という、小さな沼があるのが分かります。

登山道から大きくはずれていて、夏は行くことができません。

前の冬もスノーシューでチャレンジしましたが、天気が悪くなってきたので途中で引き返しました。

ということで、今回再チャレンジです。

ロープウェー駅を見て、背中側の斜面を登っていきます。

天気予報によると、天気は午後から下り坂です。
9時半過ぎに上り始めました。

下界とは違って、雪の量はたっぷりあります。


1時間ほど歩いて、途中見えなくなった姿見駅が再び見えるようになりました。

この写真では分かりませんが、旭岳の斜面には、無数のスキー跡が土器の模様のようについていました。

こちら側の斜面を登るのは3回目ですが、以前は気がつきませんでした。

さらに1時間ほど歩きました。

これが瓢沼なのかなと思って地図で確認すると、手前の湿地帯のようです。

本物は、どうやら小ピークの向こう側のようです。

斜面を登って、瓢沼方面を見下ろしています。

下って少し歩くと瓢沼に到着すると思われます。
天気が段々悪くなってきたので、お昼を食べて引き返しました。


再び最履修するかは、来シーズン家族会議で決まるでしょう。

途中、テレマークスキーのパーティー、2組に会いました。

写真はすべてIS03で撮りました。
道中の車内で、カメラアプリが突然「熱くて起動できない」というメッセージを出して、終了してしまいました。このメッセージは初めてです。カメラを持った手を車から出して冷やしたら、起動しました。

歩いているときは、寒さのせいかバッテリーの減りが早かったです。まだ50%くらい残っているのを確認した後、急に10%切ってしまいました。仕方がないので、途中で一度交換。

家に戻って充電してみると、やはり残量は50%。寒すぎると不安定なのでしょうね、きっと。

2011年3月26日土曜日

学習の成果は?

「農畜産物を活用した特産品開発、ブランド化セミナー」に参加しました。

1回目の講義で「ブランド化とは何ぞや」、という話を聞いて勉強して、2回目のワークショップでは、参加者それぞれのアイデアを具体化させました。

本日は最終回、試作の日でした。

商品化の可能性があるので詳細は書きませんが、それぞれの参加者が持っていたアイデアが、まわりの助言と自分の気づきで進化していく様子がよく分かりました。

人と話すのは大事ですね。

千葉にいたときも、現在も、サラリーマン家庭であることには変わりないけれど、千葉にいたら「農畜産物を活用した特産品開発、ブランド化セミナー」があったとしても、サラリーマン家庭まで情報は来ない可能性大。

食や農には元々興味があるので、いい場所に生活している気がします。

「こういうことが必要なのね」という一連の流れが分かったので、あとは自分で勉強です。

2011年3月25日金曜日

マーブルの季節

2週間程前から、畑に融雪剤を散布する作業が、美瑛町内でも始まっています。

このマーブル模様は、散布された融雪剤が作り出す模様です。まるで、地上絵みたいです。


スノーモービルの後ろに散布用の機械をつけて、走りながら撒きます。雪が柔らかくなる前の、早朝に行われるそうです。

残念ながら、実際に撒いているところには、まだ出会ったことがありません。

畑の大きさ、形、斜面の具合、日陰か日向かなどの条件を考慮して、効率よく散布するので、畑によって模様が違ったりします。

※3月26日追記
美瑛町観光協会のブログに、融雪剤についてもっと詳しい説明があります。畑と田んぼで融雪剤の種類が異なるそうです。詳しくはこちらをどうぞ。
~丘のまちびえい通信~美瑛町観光協会発  渦模様も様々(3.21)

2011年3月24日木曜日

春を待つ看板

3月も下旬になりましたが、今朝は冷え込みました。

ダイヤモンドダストが見えたくらいです。

日中は気温が上がり、確実に雪解けが進みました。
やはり春は近いようです。

朝の白い風景も、夕方はこんな感じです。



美瑛町の案内看板が新しくなりました。

こちらは美馬牛駅前。
駅出口側には、案内板がありませんでした。汽車で来るお客さんも結構いるので、便利になったと思います。

下のベニヤ板は、選挙ポスター掲示板の裏面です。

国道237号から美馬牛駅方面に入ったところの看板。

右側の緑色の四角に、この場所からの行き方が示されています。
「何だ?」と思うかもしれませんが、行ってみると、確かにこんな感じです。
半対面。

ジャガタラへの道は、冬季通行止め期間用の道です。
夏は近道があります。

時遊が丘」は、この看板で初めて知りました。一応地域住民なのに申し訳ない感じです。

昨年夏にオープンしたそうです。
今年は6月11日オープン予定とのこと。行かなくては。

2011年3月23日水曜日

日経ビジネスのムック本「フェイスブック 仕事で使う、会社で活かす」を買ってみました

何となく使い始めて、何となく使っているFacebook、そろそろまとまったものを読みたいと思っていたところでした。こういうときは、どうしても紙媒体の方が読みやすいです。

Facebookを本格的に使い始めたのは、会社をやめてからです。企業の立場での使い方を経験していないので、12社の事例は特に興味がありました。

まだ全部は読んでいませんが、知らなかったことも結構あるので、「復習&学習」に丁度よいようです。

とりあえず、日本ハムファイターズのページを「いいね!」しました。

2011年3月22日火曜日

近場にでかけて考えたこと

春分の日、ちょっとでかけてみようかと東川町に行きました。

お昼はラーメン蝦夷にて。
午後1時過ぎに到着したときは、5~6人待っていましたが、10分くらいで相席で座ることができました。

初めてのラーメン蝦夷。

前知識無しで行ったので、相席の人たちの注文を真似しました。

注文したのは蝦夷みそラーメン。あと焼き餃子。

甘めの味噌の奥に辛さがあり、具の野菜、特に白菜がおいしく、満足でした。


片手で丼を持ってスープを飲み干している人がいましたが、ちょっとそれは無理でした。

丼も素敵。




続いて北の住まい設計社へ。

向かう途中、キトウシ公園のあたりでフキノトウを見つけました。

今日の雪で、再び白くなっているでしょう。

北の住まい設計社に向かう途中の細い道、対向車と何台もすれ違いました。
もしかしてと思ったら、案の定、満車に近い状態。中はそこそこ広いので混雑感はありませんでしたが、結構にぎわっていました。

目的は「北欧の暮しを訪ねて」。
テーブルウェア、ファブリック、どれも素敵。
見て満足でした。

買って帰ったのは、丁度探していたリネンテープと、野菜の種。



風は強かったものの、日差しは暖かく、平穏な一日でした。
こんな一日を送ることができることに感謝です。

これから季節がよくなる北海道。
計画停電の心配もないし、空気はいいし、食べ物はおいしいし、温泉もあります。スギ花粉の心配はありません。
休校や閉校した校舎、離農した農家の家、空いている公営住宅もあるので、移住までいかなくても、疎開には適しているのではと思いました。

[支援の取り組み]
  • 東川町
  • 東神楽町
    HPには特に記述がありませんでした。夕方のNHKラジオで、「さわやか東神楽館」が被災した要介護認定の方を優先に20人を受け入れ予定と言っていました。
    さわやかダイアリー
  • 旭川市
    今日のラジオでは、支援物資と仕分けボランティアの募集について言っていました。
  • 美瑛町

東北地方太平洋沖地震では、家だけでなく、仕事の場、特に第一次産業の仕事の場が被害に逢いました。防災上、津波の被害にあった土地の活用がどうなるかは分からないし、原発の行方もまだ分かりませんが、元のように農業で生活できるようになるにはかなりの年月が必要でしょう。

故郷を離れてもいいから農業を続けたいという人がいるなら、北海道は受け入れる素地があるのではと考えています。

2011年3月21日月曜日

美瑛町と聞いて思い出すのは

とあるワークショップで聞いた話です。

町外の人に、美瑛町と聞いて思い出す言葉を挙げてもらいました。

  • その通り、「丘のまちびえい」です。
    町の公式サイトも「丘のまちびえい」です。
  • 富良野の近く
    富良野の北にあります。国道237号で富良野市から北上すると、中富良野町、上富良野町の次が美瑛町です。
    ガイドブックでは「富良野・美瑛」となっていることが多いです。
  • 旭川の近く
    旭川の南になります。
    ちなみに、旭川空港へは、旭川市内中心部から行くより近いと思います。

  • 哲学の木、ケンとメリーの木、セブンスターの木、親子の木など、名前のついた木があります。
    由来となったコマーシャルを知らない世代が増えたかも。
  • 焼き鳥
    それは美唄(びばい)だと思います。(しかも複数の回答があったそうです)
「丘」の印象は結構強いと思うのですが、その反面、美唄と間違われるところもあるので、まだまだ知名度を上げる余地はあるようです。

2011年3月19日土曜日

職業観・就職観

地震発生から今日まで、被災状況、避難の様子、救出作業、原発、記者会見、停電の様子、買い占めの様子、取材される人、取材する人、毎日様々な映像が流れています。

特に、被災者救出や原発事故への対応、避難所で働く大人たちを見て、もしかしたら、子どもたちのなりたい職業も変わってくるのかなと思っています。

ちなみに2010年4月公表のデータでは、小学生男子、中学生男子は「野球選手」、小学生女子は「ケーキ屋さん・パティシエ」、中学生女子は「保育士・幼稚園の先生」でした。
子どもがなりたい職業 人気ランキング 小学生は「野球選手」「ケーキ屋さん・パティシエ」
ここ数日注目度が高かったのは、自衛隊、消防、警察関係の仕事でしょう。
政治家、マスコミ関係者は毎日出ていますが、子どもたちの目にはどう映っているのかも興味があるところ。

大学生の場合は、就職したい企業が変わってくるのではと思います。
2010年9月24日~2010年12月17日の間での調査結果はこちらです。
大学生が選んだ就職先人気企業ランキング2011
帰宅困難者の光景を見たら、都会で働く会社員になること自体を考え直す人も、出てくるかもしれません。

子どもたち、若者たちが見ています。
大人たち、がんばりましょう!

そんな大人たちへのメッセージで、心に残ったものがあります。
【セルジオ越後コラム】すべての日本人へ「倒れた人の分まで走るのが、サッカーだ」
自粛とは、休むことと同意だよ。元気な人が休んだところで、被災者にとって何の役にも立たない。ニュースを見て心を痛めるのは理解できる。でも、ニュースを見て心を痛めることが復興につながるのかな。
特にプロスポーツの自粛については、疑問を持っていたところ。
停電の実施や会場が壊れているなど、物理的理由の取りやめなら分かるけれど、「被災地のことを考えると・・・」というのは理解できない。
もしかしたら、香山リカさんが書いていたように、選手も傷ついているのかもしれない。そしたら、それに対するケアは必要。そうでないなら、自分のできることをしっかりすべき。

2011年3月18日金曜日

自宅でできるボランティア

Googleが、パーソンファインダーにデータを入力するボランティアを募集しています。
共有された被災者名簿のパーソンファインダー登録についてご協力のお願い
家を長期で離れるのは難しいけれど、時間があり、作業を妨げるものもなく、パソコン操作も慣れている自分には、打ってつけのボランティアです。

さっそく参加しました。

大まかな流れは、
  1. 避難者名簿などを写真で撮った画像データをテキスト化
  2. ダブルチェック
  3. パーソンファインダーに登録
となります。

全工程を一人で行うことはなく、各ステップで「作業終了」の宣言をすると、それを見ていた他の人が作業を引き継ぐことが多いです。

新しい画像データがアップされると、割とすぐ「やります」宣言が起こります。
なので、仕事や、家の用事を犠牲にしてまでする必要はないです。できる範囲で。

本日夕方登録方法を確認して、途中夕食&家事を挟んだので、通しで一回しか携わっていません。
明日まだ作業が残っていたら、もう一度参加しようと思います。

登録作業を行う有志のまとめwikiもできています。
Person Finderテキスト化&登録まとめWiki
以下Wikiより転載
----------------------------------------------

【緊急連絡】

現在、Googleの避難者名簿共有サービスに寄せられた画像から
避難者のお名前をテキストに起こし、Googleの被災者検索システムに登録する作業が
全国有志により行われています。
PCで文字入力ができ、ネット回線が使える環境にある方なら誰でも参加可能です。
(停電区域にあたる方は時間に気をつけて作業してください。情報チェックのみの参加も可)
一人でも多くの方のお力を必要としています。
ご協力いただける方はぜひ下記をご確認ください。


被災地の皆さまへ、避難所名簿共有サービス開始のお知らせ

共有された被災者名簿のパーソンファインダー登録についてご協力のお願い

作業用まとめWiki 参加希望者ははまずこちらを。

http://www45.atwiki.jp/ganbare-tohoku/

2011年3月17日木曜日

日常生活のような違うような

普段はあまりテレビを見ません。

地震発生後から13日まで、家にいる間はいつも以上にテレビを見ていました。

14日以降、テレビを見るのは夜だけになりましたが、今までよりは見ていると思います。


家にいるときは、AMラジオを聴いていることが多いです。

普段はHBCラジオですが、ここ数日はNHKのことが多いです。


東日本大震災の前までは、IS03でTwitterのタイムラインを追いかけることはほとんどありませんでした。

震災の後は、IS03でもチェックするようになりました。


2月末からお針子モードになっていました。

地震の後ストップしていましたが、NHKラジオを聴きながら、今日で一気に終わらせました。
ちまちま作っていると、結構頭がクリアになります。


震災の後少し生活パターンが変わりましたが、これが今の日常生活なんでしょう。

だとしたら、要改善。

お姉ちゃん用
おチビちゃん用
自分用
実家用



2011年3月16日水曜日

ちょっと一息

「よつば舎のおしごと展」に行ってきました

開催について「こんな大変なときに」と悩まれたそうです。

でも、こんなときこそ、ほしいものです。

3月16日北海道新聞朝刊に寄せられた、香山リカさんの文章によると、被災地にいない人でも心にダメージを受けている可能性があるそうです。
 ~略~
 日本を襲った未曾有の大惨事。今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日、接し、これまでとは違った毎日を送っている。たとえ直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしていない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。
 そうなると、私たちの心は、被災地にいる人にも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。
 ~略~
 眠れない。不安で胸がザワザワする。気持ちが落ち込んで無気力になる。逆に、「何かしたい」と思い、目的もないまま動きまわってしまう。人と話していてもやたらとイライラする。これらは、すでに心が深刻な傷を受けていることを意味している。
 ~略~
 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはいけないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちんと取り、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちも分かるが、そうやって自分を維持することが、直接、被災していない人の義務だと思う。
 ~略~

 3月16日北海道新聞朝刊
ちょっと疲れていると感じる人は、この「よつば舎のおしごと展」を見てほしいなあと思いました。

あべみち子さんご本人からの報告はこちらです。
よつば舎のおしごと展





※3月17日追記
香山リカさんのメッセージ、どうしんWebに載っていました。
私たちができること-精神科医・香山リカさん寄稿-北海道新聞[私たちができること-香山リカさん寄稿]

2011年3月15日火曜日

我が家の防災おさらい

埼玉県、千葉県に住んでいたとき、9月1日の「防災の日」には学校や職場で避難訓練があり、家では非常持ち出し袋を用意していました。

旭川と美瑛に住んで5年少し、その間自分で「地震」と分かったのは2回だけです。
関東地方に住んでいたときの地震の多さを考えると、ほとんど無いと言っていいくらいです。

そのせいか、防災に対する意識も低下してきたような気がするので、「地震・津波に対する避難知識まとめ」と美瑛町防災緊急避難図(十勝岳火山噴火ハザードマップ)を元に、我が家での防災を考えて見ました。
地震・津波に対する避難知識まとめ
わかったブログ
美瑛町は海から遠いので、津波の心配はありません。
近くに富良野断層帯があるものの、地震もほとんどありません。
美瑛町の防災関連ページ
防災・十勝岳について
災害対策の中心は、十勝岳噴火です。
十勝岳が爆発したときは、
  1. 防災無線やラジオ・テレビなどをよく聞く。
  2. 町が指定した安全な場所に避難し、直撃を避けること。
  3. 泥流の危険区域(緊急避難区域)をよく知っておくこと。
  4. 町・消防・警察の支持意従って行動すること。
  5. 非常持ち出し品を用意しておくこと。
  6. 火口に近いところや泥流が流れやすい谷間は特に危険です。
    (※3/16誤字修正)
となっています。
美瑛町防災緊急避難図(十勝岳火山噴火ハザードマップ)より
美瑛町防災緊急避難図には、泥流到達予想時間、避難経路、避難場所など細かく掲載されています。その地図によると、我が家は泥流危険地域ではないことが分かりました。

火災・地震・大雨・強風・洪水における指定避難場所も載っています。避難場所は、徒歩1分であることが分かりました。

防災物資は、持ち出し用と、家に置いておく用(後から取りに戻るか、家で使う)に分けられると思います。以前切り抜いて持っていた、何かの雑誌も参考にしました。

[持ち出し・身に着ける]
  • 食料品
    水、食料3日分
  • 衣類など
    長袖の衣類・長ズボン・防寒具
    下着
    雨具
    タオル など
  • 救急・安全
    救急医薬品
    常備薬
    マスク
    帽子
  • 貴重品
    現金
    貯金通帳
    印鑑
    健康保険証
    身分を証明するもの など
  • 日用品
    ナイフ・缶きり
    携帯電話
    携帯ラジオ
    懐中電灯
    予備の電池・携帯電話のバッテリー
    軍手
    ロープ
    マッチ・ライター
    使い捨てカイロ
    トイレットペーパー
    ティッシュペーパー
    ウェットティッシュ
    生理用品
    包装用ラップ
    メモとペン など
[家に置いておく]
水、食料(4日目以降)
防災無線(町から貸与されています)
大型ポリタンク
カセットコンロ・カートリッジ
ホイッスル
仮設トイレ
まだ何か足りないような気もしますが、上に挙げたものはだいたいそろっていました。
あとは、持ち出しやすいカバンに入れるだけのようです。

水は、冬は積雪があるので生活用水は何とかなるかもしれません。
夏用に、畑の水やり用も兼ねて、雨水タンク設置を検討することにしました。

2011年3月14日月曜日

自宅にいるインターネットを使っていない人はどうやって情報を得る?

TwitterやFacebook、Mixiなどのソーシャルネットワークを利用している人は、3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震の後、ソーシャルネットワークが持つ情報伝達力の凄さや更なる可能性を、これまで以上に実感しながら使っていると思います。

では、ソーシャルネットワークを使っていない人は十分な情報を得られているのか?
ましてや、インターネットを使っていない人はどうか?

人が集まる場所では、その中の誰かが、もしくは外部の誰かが情報を持ってきてくれる可能性は大きいと思います。

自宅にいる場合は?

昨晩の輪番停電の発表をテレビで見て、「どうなの」と強く思ったのでした。

テレビでは、各グループの市町村名が分かりましたが、市町村によっては複数のグループに載っていて、詳しくはホームページを見ないと分かりませんでした。

しかも、同じ大字が2つのグループに登録されていました。(後で訂正されていました)

ホームページを見られない人はどうするの?

確実なのは回覧板ですが、今回の場合は発表は夜、間に合わない。(すでに就寝中で発表見ていない人もいたのでは?)

せめて新聞の地方版に載せるか、広報スピーカーでの周知でもあればいいのですが、実家に確認した限りでは無かった模様。

実家の場合は、電話で確認した人が町内にいて、その人を通じてどのグループかがはっきりしたそうです。

もし第1グループに入っていて、輪番停電が実施されていたら、よく分からないうちに朝起きたら停電になっていた可能性もあります。

テレビかラジオで、大字までの詳細情報を流して、翌日の新聞にも載せる必要があったのではないでしょうか。

予告無しに停電になる国もあるので、停電の予告があるだけましという考え方もあるでしょうが、日本の日常生活は、停電が無いことを前提に成り立っているので、停電は非常事態です。

避難指示など、緊急事態の場合は広報スピーカー、防災無線、声かけがあるでしょう。(あると願いたい)

非常事態を「詳細はホームページで」とするには、まだちょっと時期が早い気がしました。

2011年3月13日日曜日

第28回麓郷ラングラウフに参加しました

ラングラウフとは
スキーで自然を楽しみながら山野を滑る市民スポーツ。競技ではないのでタイムは争わない。クロスカントリースキー。 kotobankより

麓郷ラングラウフは、富良野の麓郷の森から樹海をスキーで歩く集いです。

こんなときにどうしようかという気持ちもありましたが、予定どおり参加しました。

集いは黙祷で始まりました。
今回の開催については、開催者側も悩んだし、参加者からの問い合わせも多かったとのこと。
結局、健康増進というこの集いの社会的意味、参加者の多くは道内からということを考慮して、開催を決めたそうです。

募金箱がありました。

募金先はまだ決めていないそうですが、「責任持って募金します」とのことでした。

スタート。

時間は計りません。
そのせいか、号砲が鳴っても「あれ、スタートかい?」という感じでパラパラ出て行きます。

石の家。

近くにいたおじさんが、「石の家も後ろは木でできているんだな~」とつぶやいていました。

スタート時は晴れていましたが、途中雪が振ってきました。

こんな森の中を滑ります。
森林浴です。

前回参加したときは晴れました。
晴れると、ホントに気持ちいいです。
完走証は、倉本聰さんによるものです。

毎年違うメッセージです。









この集いは、地域の人に支えられています。
役員・選手合わせて参加者は265人。
半分以上が富良野市から、続いて旭川市、札幌市、帯広市からの参加が多いです。道外からも、数名の参加があります。

地元の小学生と思われる子供たちと、先生も参加していました。

ゴールした後、豚汁を食べているときの会話。
小学生:(募金箱を指差して)先生は、あれしないの?
先生:先生は昨日ネットからしたよ。お前たちはどうだ?
小学生:お金持っていないもん。
先生:お年玉はどうだ?先生が代わりに募金しておくよ。
小学生:・・・
小学生:先生、いくら募金したの?
先生:秘密。でも、何口か、カードでしたよ。
たわいもない会話だけど、小学生も地震のことは理解しているし、何をしたらいいのかも考えています。

彼らも自分も、集いに参加する度に、今回の地震のことを必ず思い返すでしょう。

2011年3月12日土曜日

被災地にいない人ができること

  1. 情報の信憑性を確認してから、行動や情報の拡散を行う。

  2. 節電
    一時的なものにしないで、節電モードが当たり前になればいいのですが。

  3. 支援物資を送る(できる範囲で)。
    送るときの注意
    くまろぐさんのブログがよくまとまっているので、リンクを貼ります。
    東北の被災者に支援物資を送りたい人へ

    送り先の一例
    こちらの「寄付に関して」参照。
    ---※3月18日追記 start---
    くまろぐさんのブログにも送り先情報が日々更新されています。
    日本ユニバで個人による救援物資も受け付けています。
    ---※3月18日追記 end ---
  4. 募金(できる範囲で)
    送り先の一例こちらの「寄付に関して」参照。

    au(真ん中より下「3.「被災地支援 義援金サイト」の開設」)

    SoftBank

  5. 献血(できる範囲で)
    血液には使用期限があるので、長期スパンで継続的に。

  6. 復興支援が本格的に始まる日に向けて、気力、体力、アイデアを蓄えて、そのときがきたら行動する。
    長期戦になります。

  7. 今起こっていること、この地震のことを忘れない。

災害情報まとめ
Google Crisis Response 東北地方太平洋沖地震

わたしたちにできることまとめ
【緊急】東北地方太平洋沖地震のために、わたしたちにできることまとめ

[IS03メモ]
本日は、朝から携帯電話が使えるようになっています。
メールは、夕方から使えるようになりました。

2011年3月11日金曜日

東北地方太平洋沖地震が起きたとき

ここ美瑛は、少しだけ揺れました。

家族と連絡を取り、その後は、テレビ、ラジオ、インターネットから情報を得るだけとなっています。
今もショッキングな映像に心痛めています。

明日になると、もっと多くの被害が明らかになることが目に見えていて、怖いです。
最悪な状況の中、最善のことができるように心がけたいです。

以下、メモ。
自宅のインターネットは通常通り使用可能。
IS03は、地震発生後しばらくしたら電話、Cメール、Eメール、インターネットが使えなくなったまま今に至る。
auの発表と若干異なる模様。「Eメール着信通知」の前に、3Gが使えていない状態。
東北地方太平洋沖地震の影響について (第6報:3月11日 23時10分現在)
Wi-Fi環境が無いので、ただの時計とカメラになってしまいました。

災害用伝言板への登録は、スマートフォンからはできない模様。登録された安否情報の確認はPCやスマートフォンから可能。

2011年3月10日木曜日

献血さようなら

高校生のときに献血を始め、これまで36回行いました。

2005年より、英国渡航歴の関係で献血できなくなっていましたが、最近この基準が緩和されたということで、本日6年ぶりに献血ルームに行きました。

事前にきちんと調べてから行けばよかったのですが、別の理由で「ご遠慮いただく場合」に該当していることが分かりました。条件によってはできるようですが、基本は一生「ご遠慮いただく」そうです。
今日担当のお医者さん、条件については一切触れようとせず、頭から「できません」という感じでした。

ネットで調べたら、条件クリアして再開している人もいるようですが、もうなんだかよくなったので、今日で献血さようならです。

2011年3月9日水曜日

テレワークセミナー

情報通信技術を活用し、場所と時間にとらわれない柔軟な働き方である「テレワーク」、最近はWBSでも取り上げられました。
[動画]広がるテレワーク

本日、東京で「テレワーク推進地域セミナー」があり、パネル討論の部だけライブ配信があったので、家で視聴しました。
テレワーク推進地域セミナー in東京
テレワークについて、まとまった話を聞くのは初めてです。

パネル討論の内容は、テレワークによる人材活用のあり方について、現状の確認、課題の共有、解決への提案を行うというものでした。

討論の中で印象に残ったのは、
テレワーク導入に対する機運が今ひとつ盛り上がらないのは、「会社は戦う場、家はくつろぐ場という認識があるので、在宅の仕事に対して『くつろいで仕事しているのでは』という見方があるのでは」
という指摘でした。

セキュリティの問題や、トラブルがあったときの対処方法のような具体的なものは、教育や仕組みづくりで何とかなると思いますが、偏見というか、「何となくこう思う」という人々の意識を変えていくのは、なかなか難しいように感じました。
実績で示す、メリットを説明するなどのほかに、スキルを客観的に証明する資格があればいいのではという提案がありました。

あとは、
テレワークで働く人には「プロ」になってほしい
という言葉です。

テレワークに限らず、「プロ」の意識を持って働くことは必要だと思います。在宅で働くためには、より強い意識が必要ということなのでしょう。
テレワーク=申し訳ないではなく、かっこいいという流れができてほしい
という言葉もありました。
「イクメン」みたいに流行れば、人々の意識も変わっていくことでしょう。

テレワークは、「好みたいところに住む」助けになるので、それぞれの不安を解消して、早く当たり前になればいいのにと期待しています。

2011年3月8日火曜日

ネットでお買い物

旭川に通勤しなくなったので、店に行く機会が激減しました。

これまでは、どちらかといえば実店舗で買い物する方が多かったような気がします。ネットで何を買ってきたのだろうと思い、振り返ってみました。

分類は、楽天市場を参考にしました。

(1)ファッション
  服、服飾小物、カバン(ほとんどPeople Treeで購入)
  冷えとり靴下

(2)家電・TV・パソコン
  精米機
  パソコン・周辺機器
  携帯カバー

(3)食品・飲料
  お菓子(贈答用)
  魚介類(贈答用)
  食肉加工品(贈答用)
  酒(自家用)

(4)インテリア・日用雑貨
  カーテンレール
  キッチン用品
  洋裁の型紙

(5)スポーツ・アウトドア
  自転車用品(タイヤ・チューブ・バーテープ)
  旅行チケット
  航空券

(6)美容・健康
  なし

(7)キッズ・ベビー・玩具
  なし

(8)ペット・花・DIY
  花

(9)本・音楽・ゲーム
  本
  テキスト

(10)車・バイク・サービス
  自動車保険
  旅行保険

購入頻度が一番高いのは、本です。きっとこれからも変わらないでしょう。
1回の金額が一番高いのは、旅行チケットでした。
定期的に購入しているのは、自動車保険です。

基本的な食料品や日用雑貨は、コープさっぽろの宅配システム「トドック」を利用しているので、食品や日用雑貨は大きく変わることはないと思います。

今後我が家で増えそうなのは、(2)家電・TV・パソコン、(8)ペット・花・DIY、(10)車・バイク・サービスです。「アナログ」と右上に表示されている、テレビが一番早い?

2011年3月7日月曜日

美瑛町の地名と八街市の地名

北海道の地名は、読みにくいものが結構あります
北海道の難読地名一覧
美瑛町の地名は、難しいものはないと思います。
気をつけるところといえば、上宇莫別、中宇莫別、下宇莫別の「宇莫別」は「ウバクベツ」と読む(ウマクベツではない)ことくらいでしょうか。

瑠辺蘂は「ルベシベ」と読みます。北見市に合併した「留辺蘂」が読める人なら、問題ないと思います。漢字はちょっと自信ないです。

美馬牛(びばうし)は、漢字が違いますが、同じ読み方をする地名が北竜町にあります。
北海道雨竜郡北竜町美葉牛
「ビバウシ」というのは、美唄と語源が同じで、アイヌ語で「カラス貝が沢山いる所」という意味だそうです。

以前、千葉県の「八街市八街ろ」というところに住んでいました。八街は「やちまた」と読みます。

「い」「ろ」「は」「に」「ほ」「へ」があります。開拓された順番と聞きました。

口頭で説明するときは「『いろはにほへと』の『ろ』で、ひらがなです。」と言っていました。
こんな簡単な住所、間違えるわけないだろうと思っていたのですが、
八街3(数字の3。『ろ』と書いたのが『3』に見えた?)
八街ロ(カタカナのろ)
八街路(なぜか道路の路)
という住所で手紙が来たことがあります。

間違える理由というのは、漢字が難しいとか、読み方が難しいとかではないようです。

2011年3月6日日曜日

壊すのもったいないなあ

札幌駅前、旧西武(その前は五番館)の建物です。

赤レンガとツタがいい雰囲気なのですが、解体されるそうです。








どうしんウェブ 2月10日
旧西武の解体、4月にも着手 札幌・ヨドバシ 開業、14年以降の可能性
(02/10 07:30)
家電量販店大手のヨドバシカメラ(東京)が4月にも、旧札幌西武(中央区北4西3)の建物の解体に着手することが分かった。期間は最大1年半の見通しで、その間に新店舗の規模などを固める方針。オープンは2014年以降となる可能性もある。

ヨドバシは1月、セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武(東京)から旧札幌西武の土地・建物を約85億円で取得済みで、2月下旬に引き渡しを受ける。3月中に業者を決め、早期に解体作業を進める考え。

新店舗の開業時期は未定だが、ヨドバシは「解体期間も考えると13年のオープンは難しいだろう」との認識を示した。
直して使うのと、解体・建て直し。費用、期間を考慮すると後者になるのは仕方がないのかもしれません。
でももったいない。短期間でこの雰囲気を作ることはできないでしょう。

新しくできる建物は、景観が考慮されるのか気になるところです。

2011年3月5日土曜日

札幌にはない旭川の魅力

所用で札幌に行ってきました。

さすが札幌の中心部、札幌駅周辺は人が多かったです。
大丸の地下食品売り場は、美味しそうなものがたくさんあるせいか、特に混雑していました。

スーパーカムイで札幌から約1時間20分、旭川の明かりを見ると「帰ってきた」とほっとします。たとえ家は美瑛でも。

札幌は、たまに行くと楽しいですが、生活するなら断然こちらといつも思います。
ほどよく都会で、自然も豊か、食べ物もおいしい。医療機関、教育機関、文化施設、商業施設も一通りあります。街は大きすぎず、人も多すぎない。

我が家は、北海道で職を探していたら、たまたま旭川に住むことになりました(その後美瑛に引っ越しました)。
来るまで知りませんでしたが、来てみたらとてもよかったという口です。

細部をつつけば問題はありますが、よそから来た者の目で見ると、旭川は「生活しやすい」まちです。

そして、アウトドア好きにとっては、遊び場所が近いのも魅力です。

人口減の旭川、道外の人に、豊かな自然と生活のしやすさを、もっとアピールできればいいのにと思います。

働く世代にとっては、あとは仕事があれば、アピール度がもっと高くなります。

2011年3月4日金曜日

第45回吉川英治文化賞を受賞した斎藤晶さんの牧場

旭川の斎藤晶さんが、「第45回吉川英治文化賞」を受賞したというニュースをラジオで聞きました。

旭川やその近郊の飲食店で、「斉藤牧場の牛乳」とか「斉藤牧場のソフトクリーム」とか「斉藤牧場の牛乳でつくった××」というのを見かけますが、その斎藤さんです。
吉川英治文化賞
斎藤 晶  氏
山地牧場で自然に順応した「蹄耕法」による飼育方法を確立し、大地に根ざした酪農を実践。また、広く市民に開放し交流の場として提供。

「蹄耕法」は、酪農用の牧場を作る方法の1つです。

日本で牧場を作る場合、多くは樹木を伐採後、切り株と根を引き抜いて土地を造成し、客土をしてから草の種を蒔き、草地を作ります。

「蹄耕法」では樹木を伐採しますが、切り株を引き抜かず、樹木も3割残します。客土はしません。
牧草の種を蒔いた後で牛を放すと、牛は生え始めのやわらかい笹や野草を食べながら、奥に進みます。牛が歩いて踏むことにより、種は土の中に埋まり、また糞尿は肥料になります。
山に牛を放牧し始めて3年たつころ、山は見事な牧草地になります。

実は畜産学科出身です。もちろん「蹄耕法」についても勉強しました。すばらしい方法だと思いました。
でも、昨日に続いて不勉強の告白になりますが、斎藤さんの名前や旭川にその牧場があることを全く知りませんでした。寝ていただけかもしれません。

社会人になって旭川に引っ越してきてから、何がきっかけか忘れましたが、あるとき自分の頭の中で「蹄耕法」と「斎藤牧場」が結びつきました。
こんな近くに「蹄耕法」の元祖の牧場があるとは、「!!!」という感じでした。

市民に開放されているのは知りませんでした。
雪が融けたら是非行ってみたいです。

斉藤牧場
http://www.saitou-bokujo.org/index.html

2011年3月3日木曜日

耳の日にあたり

3月3日はひな祭りでもありますが、耳の日でもあります。

耳といえば、耳垢に湿性耳垢(湿った耳垢)と乾性耳垢(乾燥した耳垢)の2種類があることを、お恥ずかしながら結婚するまで知りませんでした。

耳垢はメンデル遺伝するとされています。(生物の時間何していたんだろう・・・)
湿った耳垢は優性、乾いた耳垢は劣性ですが、Wikipediaによると、日本人全体では湿性耳垢の人は約16%で、地域によっても大きな差があるそうです。

家人は湿性、自分は乾性。実家の家族は皆乾性。

結婚後、互いの習慣の違いに驚くというのはよく聞きますが、私の場合は耳垢でした。

2011年3月2日水曜日

主婦の昼ごはん

専業主婦と思われる人が質問サイトで、「主婦の方、ひとりでお昼何を食べていますか?」と尋ねているのをみかけました。それも1人ではなく、複数の人が。話題にするような話でもないけど、何となく気になるところなんでしょうかね。

職業欄で「無職」、「専業主婦」、「その他」のどれを選択するか悩む自分ですが、傍から見たら「専業主婦」でしょう。自分のお昼を振り返ってみました。

ちなみに、会社員時代は、ほぼ毎日弁当持参でした。
自分の分も一緒に作る人もいるようですが、できれば温かいものは温かく、冷たいものは冷たくして食べたいので。
  1. 残り物整理
  2. 新たに作る
  3. 外食
となります。

1.残り物整理
  • 家人の弁当のおかずの残り、前日の残り、常備菜などをおかずに、ご飯かパン。
    ご飯、パンは冷凍してあります。
  • 残り物をアレンジして別のものを作る。
    例)天ぷらの残りで天丼、カレーでカレーうどん、汁物で雑炊など。
肉骨茶
2.新たにつくる

麺類が多いです。最近まで冷麦が大量にあったので、暖かいおつゆで食べたり、釜揚げや焼きうどん風にしていました。

釜揚げは、ラジオで「ひっぱり」の話をしているのを聞いて、食べたくなりました。
「ひっぱり」は、山形県内陸部の郷土料理です。乾麺のうどんをゆでて、温かいまま、納豆やサバ缶などで作ったたれで食べるそうです。

サバ缶は常備していないので、「ひっぱり」はまだ食べていないのですが、納豆と生卵でも十分おいしいです。
釜揚げ
3.外食

ほとんどありません。旭川で、お昼をはさんで用事があるときくらいです。
オリオンにて
家に食べるものがあること、近くに気軽に食べられるお店がないこと、出費を控えているというのが理由だと思います。

外食は外食でよい面もあり、様々な情報を得たり、リフレッシュできたりすると思うので、今後は美瑛の街に出てみようと考えています。

上の分類だと1、2にまたがりますが、家人は好まないけど自分が好きなものを食べるということもあります。
焼きうどん系、雑炊系がそれにあたります。

作るのも、食べるのも好きなので、家族には出さない「まかない飯」を毎日楽しんでいる感じです。

2011年3月1日火曜日

IS03からHootSuiteを使ってTwitterとFacebookに画像とテキストを投稿する

IS03に最初から入っている「Twitter for Android」の場合、以下の手順でTwitterに画像とテキストを投稿していました。
  1. コンテンツマネージャーから、投稿したい画像を開く。
  2. 「メインメニューキー」をタップして、オプションメニューから「共有」を選択。
  3. 「Twitter 」を選択。
  4. テキストを入力して、送信。
昨日、IS03からTwitterとFacebook両方に投稿できるように、アプリケーションをHootSuiteに変更しました。

上記手順3で「HootSuite」を選択すれば、HootSuite経由でTwitterに画像投稿できると思ったのですができませんでした。
投稿先に「Twitter」があると、エラーは出ないけれど、テキストも画像も投稿もされませんでした。
「Facebook」のみ選択すると、「You must select at least one Twitter account before uploading an image」という謎のメッセージが。

※上記現象はブログを書いた時点のもので、現在は解消されており、画像を開いた状態で、Twitter・Facebookに投稿できます。現在のバージョンはHootSuite1.6.1(2011/8/4追記)

次に、素直にHootSuiteを起動する方法を試しました。
画像添付アイコンをタップして、「写真を選択する - ギャラリー」を選択して画像を選ぶと、画像も投稿されますが、「アストロ」(あとからインストールしたファイルマネージャ)を選択すると、画像は投稿されず、テキストのみ投稿される結果となりました。

画像投稿可能な方法が分かりましたが、これはやや面倒です。
写真の方からHootSuiteを起動して投稿したい。

画像を開かないで、サムネイルの状態で試すことにしました。
  1. コンテンツマネージャーのサムネイルで画像をロングタッチ。
  2. メニューから共有を選択
  3. アプリケーションを選択からHootSuiteを選択。
  4. テキストを入力して、送信。
結果はOKでした。

写真を開いて、詳細確認してから投稿したい場合もあるので、できれば写真を開いたまま投稿したいです。
そこでギャラリーから試してみました。
  1. ギャラリーのアルバムを開いてサムネイルで画像をタップして開く。
  2. 「メインメニューキー」をタップして、オプションメニューから「共有」を選択。
  3. 「HootSuite」を選択。
  4. テキストを入力して、送信。
結果はOK。
  1. ギャラリーのアルバムを開いてサムネイルで画像をロングタッチ。
  2. オプションメニューから「共有」を選択。
  3. アプリケーションを選択からHootSuiteを選択。
  4. テキストを入力して、送信。
こちらも結果はOKですが、実はギャラリーは、アルバムを開いたときの写真の並び順が謎です。開きたい写真にたどり着くまでが使いにくいので、ほとんど使っていません。

コンテンツマネージャーのサムネイルから始めるのが、今のところ簡単でなおかつ失敗しない方法のようです。でもやっぱり、写真を開いた状態から投稿したい。