2011年1月31日月曜日

ブックセンター冨貴堂MEGA閉店の日

1月も31日となりました。

旭川駅から徒歩5分、マルカツにある「ブックセンター冨貴堂MEGA」が本日限りで閉店します。

非常に残念。

フロアは広く、置いてある本の種類も豊富で、店内を歩いていて楽しい本屋さんでした。
お店で初めて見て、読みたくなる本もたくさんありました。

旭川駅近くのお店は、車を持たない、乗らない人にとって、とても頼りになります。

西武デパートの中には三省堂があり、本を買うという点では不便はありません。でも、本屋を訪れる楽しさの点では冨貴堂の方が上でした。

訪れて楽しい本屋さんでしたが、自分の場合、実際に本を買うのはアマゾンや旭川西武デパートにある三省堂が多いです。
いずれもポイントの関係です。
ここら辺にも、売上が伸びなかった理由があるのかもしれません。

それにしても、北海道第2の都市の玄関口である旭川駅前から、大きい本屋が1件消えるといのは、利便性以上に、まちとして何かちょっとよくない空気を感じます。

閉店後に別の本屋が入るか、丸井今井の跡のショッピングセンターに本屋が入ることを期待しています。

[2月18日追記]
エレベーターは富貴堂があった6階には止まらず、5階のエスカレーターはこんな感じになっていました。

2011年1月30日日曜日

会社勤めをやめた後の時間軸

最近の関心ごとは、時間です。

会社勤めをしていた頃に比べると、自分の裁量で使える時間は圧倒的に増えました。

通勤時間と勤務時間に使っていた1日約12時間、自分の裁量時間になりました。
1日の半分と考えると結構なものです。

ただ、その時間をきちんと使うことができているかというと、満足感の面ではまだまだです。

毎日決まってやっていることは、中国語、ロシア語の勉強と就業のための準備(勉強、調べ物など)。
あとはその日によって異なりますが、ほとんどがパソコンを使うため、会社勤めをしていたときと同じくらいの時間、パソコンに向かっています。

何か違う。
もっと本を読んだり、縫い物などの手仕事をしたりしたかったはず。もっと色々な人に会って、話を聞きたかったはず。

パソコンに向かっていると、気がついたら当初の目的以外のことをしているという経験がある方は多いと思います。
有用な情報を集めたり、読んだりと、「自分にプラスになること」をしているつもりで、実は時間を吸い取られている(かつてのテレビのように)だけの可能性もなきにしもあらず。

もう一度時間の使い方を見直すために、昔親にテレビを見る時間を決められたように、パソコンを使う時間を決めることにします。

と、ここまできて、「時間をきちんと使わなくてはいけない」という概念も、もしかしたら疑うべきことなのかもしれないと思うようになりました。

そもそもは、「今日も一日いい日だったな」と実感できる毎日を過ごしたいという気持ちから、「時間をきちんと使っているという満足感があれば実感できるに違いない」と思ったのですが、この発想自体が、会社で仕事をしているときの延長のようにも思います。

ここら辺の感覚的なものをうまく消化できれば、「自由」になれる気もしてきました。

とりあえず、パソコンに向かう時間を短くして、日々の変化を見ることにします。

2011年1月29日土曜日

悩んで買ったびえいの本

美瑛駅前にある観光案内所、「四季の情報館」で見つけました。

とりあえず立ち読み。

美馬牛にパチンコ屋が3件、ラーメン屋が3件あった時代があることを知りました。

旅人として立ち寄ってから十数年、住民としてはここ数年しか知らない自分にとって、衝撃の事実です。

値段を見たら2000円。
部数は出ないだろうから当然だな~と思いつつ、すぐには買えませんでした。

それ依頼、四季の情報館に立ち寄るたび、パラパラ。

座ってじっくり読んでみたい。

自分一人では踏ん切りがつかないので、家人に本を紹介してみました。そしたら、興味津々。

2人で興味津々ならいいかということで、先日めでたく購入の運びとなりました。

まだほとんど読んでいませんが、読んだあとで、他にも色々調べたくなる本のような気がします。

100年 ふるさとびえい
―ひとびとのくらしとともに―
発行年月日:平成12年3月31日
発行者:美瑛町郷土資料保存会

2011年1月28日金曜日

寒さを写真で表現する


まずはストレートに。
道路脇の風除けです。
猫の手を借りて。
除雪車。
ツリバナの実です。
この日はダイヤモンドダストが見えました。
晴れて冷え込みました。
氷点下でも、太陽が出て少し気温が上がると溶けてきます。
スマートフォンの操作のために手袋を外すのが辛かった日。
専用手袋はまだ買っていません。
ばっちり冷えると、車の運転は結構楽になります。
旭川駅に到着した富良野線の後ろ部分。
コープの宅配「とどっく」で届いたオリーブオイル。届いてすぐ家に入れましたがこの状態。
配達途中で冷え冷えになったのでしょう。

約1日で液体に戻りました。

2011年1月27日木曜日

美瑛のパン屋さんマップ

パンを買って帰ることができるお店を載せました。
他にもご存知の方は、是非教えてください!
※2014/01/21追記
惜しまれつつ閉店した「2ひきの猫」は、道の駅あさひかわで「DAPAS」として営業を再開しています。
http://www.asahikawa-jibasan.com/food/#no02
※2014/07/29追記
bi.ble(ビブレ)を追加しました
※2016/05/20追記
マップにリッカロッカを追加しました
※2016/06/23追記
本文にリッカロッカを追加しました

より大きな地図で 美瑛パン屋さんマップ を表示

北からご紹介。
  • パン工房 小麦畑
  • あるうのぱいん
    11月~3月はおやすみです。
  • 美瑛小麦工房(2014/01/21追加)
    美瑛小麦工房
    2013年10月25日にオープンしました。
    美瑛小麦工房のパン
    食パン、ラスクのみの販売でスタート。こちらの情報によると、冬季のみ土日限定でバゲッドの販売もあるそうです。
  • 道の駅 びえい「丘のくら」(2014/01/21修正)
    石窯焼きのパン屋「2ひきの猫」のパンがあります。
    「2ひきの猫」を偶然通りかかったのですが、そこで買えるのか分からなかったので要調査です。
    「2ひきの猫」のパンの取り扱いはなくなりました。
  • 麦菓堂
    壺屋に併設されています。
  • マルミ菅製菓有限会社 ベルビー店
    懐かしいパンがいっぱい。普段滅多に買わない惣菜パンにも、ついつい手が伸びてしまいます。
  • 2ひきの猫(閉店:2014/01/21修正)
    2011年4月29日より、留辺蘂のお店がオープンするそうです。
    美瑛から富良野に向かって国道を走る場合、右側1つめの「ルベシベ入り口」と書いてあるところから入ります。引き続き、「丘のくら」でも購入できるそうです。
  • Gosh
    パンも、珈琲も、お菓子も美味しい。
    お客さんが来たとき、Goshのパンを出すだけで喜んでもらえるので助けられています。
  • bi.ble(ビブレ)
    平成18年3月に閉校となった旧北瑛小学校に食の複合施設ができました。その中にあるパン工房です。

  • リッカロッカ(2016/6/23追加)
    2016年4月27日にオープンしました。カフェもオープンしたそうです。
    「とぅもろう」さんと「ガイドの山小屋」さんの間にあります。パンの味はもちろん、ロケーションもすばらしい!


自家製パンを食べられるお店は、他にも色々あります。

是非、美瑛パンの旅をお楽しみください。

2011年1月26日水曜日

一国二制度

香港もマカオも中国の特別行政区。
旅行者の自分が「一国二制度」を実感したのは、出入国(出入境)手続きでした。

まず、千歳空港で出国手続き。香港で入国手続き。ここまではよくある海外旅行。

滞在中、MTR東鉄線に乗って、中国の深圳に行きました。

目的は、思い出の地深圳に行くことと、境界を体験することです。

深圳ではその昔、北京からKLに行く飛行機の乗り継ぎで間違ってゲートの外に出てしまい、裏から入れてもらったことがありました。言葉は通じないながらも周りの人は困っていることを理解してくれて、そうこうしている内に係の人が見つけてくれて事無きを得ました。

香港の羅湖駅で降りて、出境手続きを行い、パスポートにスタンプを押してもらった後、今度は深圳での入境手続き。
歩いて深圳側の罗湖駅を出ました。
「羅湖」は繁体字、「罗湖」は簡体字です。

境を渡って違いを感じたのは、漢字が異なること。
同じ駅名でも表記が異なります。

もう1つ違ったのは、深圳に入ったら、怪しい物売り(恐らく偽ブランド製品)が何人も近づいてきたことです。香港では全く会いませんでした。

1時間ほど滞在して、香港に戻る際に再び出入境手続きがありました。

翌日はマカオに行きました。
その際も行き、帰りとも出入境手続きがありました。

出入境の都度、カードに必要事項を記入して、審査の列に並び、パスポートにスタンプを押してもらいます。

地元住民は、もう少し手続きが簡便なようですが、手続きがあることには変わりありません。

島国日本に暮らしていると、国境を意識する機会は少ないと思いますが、北海道にいると「北方領土」という言葉を頻繁に耳にするし、道東まで行けば実際に島が見えるので少し事情が異なります。

もし返還が実現したら、やはり一国二制度が現実的なところなのでしょうか。





2011年1月21日金曜日

まる

「まる」と聞いてピンとくる人は、相当猫好きだと思います。
Googleで「まる」検索すると、おそらくトップに出てきます。家人が、動物の動画を見るのが好きで、教えてくれました。

見てみると、確かに可愛いし、面白い。
箱に向かってスライディングして、伸びている姿は人間のようでもあります。
(猫として、これでいいのか???という気もしますが。)

私のIS03は、よく家人に使われています。
何をしているのかと覗いてみると、YouTubeで猫動画を見ています。

パソコンを起動しなくても手軽に動画を楽しめるという点で、スマートフォンは確かに便利です。
なぜか共有のモノになっています・・・。

2011年1月20日木曜日

クロスカントリースキー講習会

年明けから雪が降り続き、富沢運動公園のクロスカントリースキーコースも十分な積雪があります。

集合
日曜日、旭川スキー連盟クロスカントリー部主催の講習会に行ってきました。
案内はこちら

学生時代、友人達が滑る姿を見て、クロスカントリースキーを始めました。

その後、きちんと誰かに習う機会が無かったので、毎年開催される講習会は非常にためになります。

ちょっとしたタイミング、体重移動、姿勢など、滑っている姿を見てもらい、指導を受けます。まだまだ発展途上の自分は、講習会に1回参加するだけで大分良くなります。
そんな気がします。

やっと登ったところ
最後、参加者全員で3キロコースに出ました。

3キロコースは今シーズン初めて。やや不安を持ってスタートしたところ、1キロ地点の急な上り坂で、みんなに完全にちぎられました(完全に置いていかれました)。

休み休み登っても、辛かった。
技術不足はもちろんですが、それをカバーするための体力不足も感じました。毎日走るかな・・・。

出場予定の大会のコースにはここまで急な坂はありませんが、練習してもう少し楽に登れるようになりたいです。

登り方のアドバイスも頂いたので、次回リベンジです。

2011年1月15日土曜日

北国のにゃんこ

ここに越してきて分かったのは、雪の中でも、氷点下でも、外を歩いている猫がいることです。
さすがに夜は、どこかの家や建物の中にいるようですが。

この白黒猫は、12月上旬、それまであまり歩かなかった道で初めて会い、最近家が分かりました。

12月下旬に初めて見かけた黒猫も、この家に一緒にいることが分かりました。


黒猫は非常に懐っこくて、近寄り過ぎるので写真に収めることができませんでした。

いったい、氷点下何度くらいまで大丈夫なのでしょうか。

モンゴルはこちらより冬の気温が低い(-20度~-30度)のですが、一般的に猫を嫌う人が多いので、猫を見かけることはほとんどありませんでした。

だから、家の近所で見かける猫たちが、今のところ自分が見た、一番寒いところで外歩きしている猫になります。

12月に初めてあったとき(白黒猫)
最初に会ったときは
待ち伏せされていました(黒猫)

2011年1月13日木曜日

IS03を持って香港に行ってきました

IS03はグローバルパスポートCDMAに対応していて、対応エリア内であればそのまま使うことができます。

でも、料金体系1)が追いついていないし、電話も使わないので、電波OFFモードにして「カメラ」「時計」「アラーム」として持ち歩くことにしました2)

念のため充電用のケーブルは持って行きましたが、事前購入宣言キャンペーンでもらった、未だ出番の無かった予備バッテリーを家に忘れてきてしまいました。
今回のためにあるようなものなのに。

新千歳空港でできるだけ充電して、出発。千歳空港ではwi-fineという無料無線LANサービスが利用可能です。

IS03は3日目途中まで、カメラとして使用できました。残量が20%になるとカメラは使えなくなります。
香港のホテルで変圧器を借りて充電する方法もありましたが、万が一壊れるのも嫌なのでやめました。

最終日、ホテル出発は朝6時15分。
部屋についている目覚ましと、IS03のアラームをセットして寝ましたが、IS03が鳴りませんでした。変だなと思って、数分後に合わせてみたら鳴りました。

帰宅してから調べたところ、こちらに情報がありました。
その中でたいてい、Automatic Task Killer というアプリケーションのインストールを勧められていると思う。

これはスリープ時に不要なタスクを自動で終了させ、消費電力を抑えてくれるアプリケーション。

このアプリケーションの設定対象に、アラーム(TimerApps)が入っていないか見てちょうだい。
その通り、Automatic Task Killerの仕業(正確にいうと自分の除外設定もれ)でした。

飲茶を楽しむ人々 星道大道
Avenue of stars
United Buddy Bears
ビル群 クリケット 神様





ホテル近くの道 ビル群 竹の足場 地下鉄
フェリー
ターミナル
「うらわ」という
名のレストラン
太平山頂
Victoria Peak


排気ガスすごいです United Buddy Bears
1) 海外では「ISフラット」などの定額サービスが適用されません。また、「海外パケット定額」のサービス開始予定は2011年3月です。
2) ネットやメールは使わないけれど、電話として使いたい場合は、データ通信、データローミングをOFFにします。

今日も10度以下

もちろん、氷点下です。
昨日よりは若干、空気が柔らかい気がします。

除雪した雪で道幅が狭くなった車道を、歩行者も車も通っている光景をテレビで見ることがあると思いますが、ここら辺はそういう不便はありません。

玄関前(除雪前)
足あとは新聞屋さん
雪が積もった朝、ほぼ定時に除雪車が来てくれて、家の前の道を除雪をしてくれます。
道幅が広く、雪を捨てるところもたくさんあるので、道路脇に雪が積み重なることもありません。

小型の除雪機を持っている個人宅も結構ありますが、我が家はママさんダンプと雪かきシャベルですんでいます。
寒すぎて、シャベルのプラスティック部分の劣化が早いのが難点。ちょっと固いものに当たると、すぐヒビが入ってしまいます。


玄関前(除雪後)
歩道から玄関ドアまでの約10メートルと、歩道から駐車場までの約10メートルを雪かきします。

この冬は、車道脇の歩道部分も除雪してくれるので、自分で除雪する部分が少なくなり助かっています。

氷点下10度は確かに寒いのですが、-20度から-30度が当たり前のウランバートルに住んでいたので、実はまだまだいける感じです。

2011年1月9日日曜日

クロスカントリースキー

今年も始まりました、スキーシーズン。我が家でスキーと言えば、クロスカントリースキー。
旦那は最近テレマークスキーも楽しんでいます。

年末に、富沢運動公園で初滑りを楽しみました。
昨シーズンに比べ、まだ雪は少ないようです。

道具は学生時代に使っていたもの。
昨シーズン靴が壊れて買い換えましたが、板とストックは当時のまま。

この間ワックス講習会で講師の方に板を見てもらったところ、「まだ使えるけれど、最近の板はよく滑りますよ」というお言葉を頂きました。
そろそろ新しいのが欲しいところです。

今年は、宮様スキーマラソンと麓郷ラングラウフに出る予定です。
20代の頃は85キロや50キロのスキーマラソンに完走目指して出ていましたが(ほとんど自分との闘い)、最近は笑ってゴールできる距離にしています。

2011年1月8日土曜日

帰省

正月、帰省しました。

15両編成。
最近よく乗るのは1両編成のこんな感じ。
駅前。
現在の最寄り駅前。
中学校に通っていたときの通学路。

穏やかな冬晴れでした。
実家のチューリップは芽を出したそうです。ちょっと早いのではと思うのですが。







今日で仕事をやめて100日となりました。
こちらの芽は出るのか、出ないのか・・・。