2010年11月28日日曜日

つながっていること

道新フォーラムに行ってきました。
「現代への視点2010~歴史から学び、伝えるもの」
最近テレビで放映されている「坂の上の雲」の原作を読んだり、北鎮記念館に行ったり、義父の話を聞いたりしたとき、明治~昭和にかけての歴史が消化し切れていない感がずっとありました。要は勉強不足。

そんなとき、美瑛町図書館の入り口近くに並べられていた澤地久枝さんの本や、「新しい風土記へ」という本に出会いました。

「新しい風土記へ」には、姜尚中さんとの対話が載っていました。

ある日の北海道新聞に、澤地久枝さん、姜尚中さん、保阪正康さんの講演があるという記事をみつけ、自分にしては珍しくすぐ電話で申し込みました。そしたら、翌日の朝刊には好評につき締切ったとの記事が。

当日は超満員。それぞれの立場からの、いいお話を聞くことができました。特に、澤地さんの
「未来は過去の中にある。」
「歴史はだまっていても何もこない。自ら勉強することが大事。」
という言葉が印象に残っています。
読みたい本がまた色々出てきました。

予定時刻を過ぎて終わったため、乗る予定のスーパーカムイはダッシュしないと間に合わないから、JRの時間を遅らせることにしました。旭川から先の富良野線は2時間に1本なので、待ち時間は2時間。

時間が出来たので、前から行きたかったジュンク堂に行こうと大通方面に向かったら、さっぽろホワイトイルミネーションが始まっていました。
光に吸い寄せられて公園内に入ると、ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporoが開催されていて、せっかくだから見ようと歩いていくと、びっくり、前の会社の元同僚が立っているではありませんか。少し前にメールでやりとりしていて、もう少し話聞きたいなあと思っていたところでした。
人口190万人以上いる札幌で、こんな再会があるのかと驚きでした。

「その幸運は偶然ではないんです!」という本を思い出しました。

偶然と思われる出来事も、自分自身で運をつくりだし、活かすための行動をとっているから起こるという内容。その考え方で一連の流れ分析すると、
  • 周囲に注意を払う(図書館で展示されている本を見る、大通公園で周囲を見る)
  • 想定外の幸運な出来事をつくりだす(本を読む、フォーラムに参加する、ホワイトイルミネーションを見るなど、積極的に人生を送る)
という行動が、今回の幸運をもたらしたことになるのでしょう。

2010年11月27日土曜日

IS03で写真撮ってみた

天気予報によると明日から本格的な雪。

自力走行できるのは今のうちと、美瑛の行ったことのない場所に行ってみることにしました。

まずは新星から美沢へ抜ける道の途中で、記念すべき1枚目。
初期設定のままです。

ちょっとパンがぼけてしまいました。
歩人 にて。5種盛りとフランスパン&レバーペースト。

いよいよ初めての中宇莫別、上宇莫別へ。
「中」、「上」となると、当然「下」もあります。 下宇莫別にある聖台ダムは、美瑛の桜の名所です。


大雪山の方に向かって延びる道をひたすら走ると、四番橋を過ぎたところで行き止まり。迂回路はダートなのでここで引き返しました。辺りはすっかり薄暗くなっていました。

そのまま国道に戻るのも面白くないので、中宇莫別から新区画ダムの脇を通り、美瑛駅近くに抜けました。「冬季通行止め」という表示が出ていて、うっすら白く雪が積もっている道にちょっとどきどきでした。



今回の写真は、説明書を読まずにとりあえず取ってみました。直感でも何とかなります。

約957万画素、CCDカメラということで、前評判はいいようです。
実際のところ、今使っているコンパクトデジカメよりもきれいなのではと思いました。

microSDに保存された画像を取り出そうと、IS03とパソコンを試供品のUSBケーブルで繋いだら、PC側がデバイスをきちんと認識してドライブを割り当てました。ドライブを割り当てたということは当然中身を見られるものと思ってクリックしたのですが、何も起こらず。

変だなと思ったら、充電が始まっていました。

「マウント」が必要だったのです。
適当にいじっていたら、発見しました。

2010年11月26日金曜日

IS03がやってきた

新し物好きというわけではないのですが、前の携帯が5年目、そろそろ替え時だったので、興味のあったスマートフォンに替えました。


左からIS03、使っていた携帯、マウス。

文字入力に時間がかかって、メール書くのも一苦労。

早く使いこなせるようになりたいです。

2010年11月22日月曜日

1週間ほど留守にして戻ってきたら、いたるところに棒が立てられていました。

この棒は、道路と歩道の境目や道路の端に立てられて、ドライバーが積雪や降雪時にこれを目印に走行したり、除雪車が道路わきの位置の目安にするために使われます。
実際、境目が分からなくなることがよくあるので、この棒が無いと冬道の運転はおっかないです(あっても怖い)。

北国の道路では、道路脇の鉄柱に下向き矢印が状のものがぶらさがっているのをよく見かけますが、あれはパーマネント型。こちらの棒は、春になったら撤去されます。

今週末から平年並みに寒くなるとか。
いよいよ冬です。

2010年11月6日土曜日

珍しく忙しい

今晩は、日本シリーズ第六戦と、世界女子バレーボール選手権の日本対中国と、フィギュアスケートのグランプリシリーズ中国大会の放送時間が重なりました。

画面分割機能が無いテレビなので、ちょっとのタイミングでチャンネル変えて、なんだか忙しい観戦でした。

地デジの準備はまだ。
たまにスポーツとニュースとドラマを見るくらいなので、究極は無くても支障無いような気が。

アナログ放送終了のタイミングで、テレビ生活を捨てる人はどのくらいいるのでしょうか。

おいしいパン

前の勤務先で同僚だった方が訪ねてきてくれました。

おみやげに東川町の「まめや」さんのパンをいただきました。
気になっていたけれどまだ行っていなかったお店。

パンごとに生地の触感が異なっていて、それぞれおいしい。
チーズが乗ったパンは、チーズに負けずパンの味がしっかりしているし、メロンパンは、今まで食べた中で一番かも。

時間がたてば堅くなるのは当たり前なのですが、ぽそぽそしない。
自分もたまに天然酵母でパンをつくりますが、これが結構難しい。素人とプロの差なのでしょう。

「おいしいパン屋がある街は住みやすい」という文章を読んだことがあります。
おいしいパン屋がある街は住みやすい

リンク先は東京をターゲットにした話ですが、地方都市でも、田舎でも通ずるものはあると思います。実際、ほかでも同様の記事やアンケート結果を見たことがあります。

普段はほとんど外食せず、家で楽しむくらいのパンやお菓子も自分でつくりますが、たまに「おしゃれな空間」と「とびきりおいしいもの」を求めてGoshさんに行きます。
土地を探すまでGoshさんのことは知りませんでしたが、今となると「生活の豊かさ」の面でかなり助けられているように思います。

「まめや」さんはホームページが見つかりませんが、「まめや 東川」で検索するといっぱい情報が出てきます。